誰が小沢一郎を殺すのか?―画策者なき陰謀

電子版価格 ¥925
  • 電書あり

誰が小沢一郎を殺すのか?―画策者なき陰謀

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 198p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784048850896
  • NDC分類 312.1
  • Cコード C0031

内容説明

異分子を「抹殺」する検察、メディア、日本というシステム。「反小沢キャンペーン」の騒乱に、この国を支配する「非公式権力」を今こそ見抜け―。日本取材30年のオランダ人ジャーナリストが斬る。

目次

プロローグ 歴史の岐路に立つ日本
第1章 「人物破壊」にさらされる小沢一郎
第2章 霞が関というシステムの起源
第3章 日本型スキャンダルの残酷と混沌
第4章 “政治的現実”と日本のメディア
第5章 戦後日米関係という病理
終章 国家主権、オザワ、システムの欺瞞

著者紹介

ウォルフレン,カレル・ヴァン[ウォルフレン,カレルヴァン][Wolferen,Karel van]
アムステルダム大学教授、ジャーナリスト。1941年、オランダ・ロッテルダム生まれ。30年以上にわたって日本の権力構造をめぐる取材・分析をおこない、日本と欧州を行き来しながら先鋭的な批評活動を展開してきた。72年よりオランダ「NRCハンデルスブラツド」紙の東アジア特派員、82年より日本外国特派員協会会長を務め、「フォーリン・アフェアーズ」「インターナショナル・ヘラルド・トリビューン」などに寄稿している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)