青山栄次郎伝―EUの礎を築いた男

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 316p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784048850377
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C0095

内容説明

欧州貴族と日本人の間に生まれ、三大女優の一人を娶り、欧州統合を唱え一世を風靡するも、ヒトラーに追われた快男児、その名もリヒャルト・クーデンホーフ=カレルギーこと青山栄次郎。

目次

第1章 日本人の母
第2章 ボヘミアの日々
第3章 ウィーンの日々
第4章 恋と大戦
第5章 帝国崩壊
第6章 『パン・ヨーロッパ』
第7章 ファシズムの勝利
第8章 国境なき世界へ

著者紹介

林信吾[ハヤシシンゴ]
1958年生まれ。作家。ジャーナリスト。大学中退後、渡英。1990年にヨーロッパで初めての週刊日本語新聞「欧州ジャーナル」を創刊し、編集長となる。帰国後はイギリス事情、軍事、社会問題からサッカーまで、幅広い分野で執筆活動を展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)