• ポイントキャンペーン

おいしいごはん―鎌倉・春日井米店

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 360p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784048738248
  • NDC分類 913.6

内容説明

破天荒な頑固親父の突然の入院をきっかけに、絶縁状態の家族が1人、また1人と戻ってきて…。家族で食卓を囲むうちに、再生されていく家族の絆―。『ALWAYS 三丁目の夕日』『キサラギ』の脚本家・古沢良太が自ら書き下ろしたホームドラマ『おいしいごはん』の小説版。

著者紹介

古沢良太[コサワリョウタ]
1973年8月6日生まれ。神奈川県出身。脚本家・戯曲家・イラストレーターなど、幅広い分野で活躍。『ALWAYS 三丁目の夕日』で、第29回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞。2007年6月公開の映画『キサラギ』でも、その実力を存分に発揮、「今年一番面白い作品」として、各誌満足度ランキングの上位を独占。おもな作品は『動物のお医者さん』『相棒』(ともにテレビ朝日系)、『ALWAYS 続・三丁目の夕日』など。最も活躍が期待される脚本家の一人。『おいしいごはん―鎌倉・春日井米店』が初の小説執筆となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)