• ポイントキャンペーン

岡山女

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784048732635
  • NDC分類 913.6

内容説明

惨劇が秋雨の宵だったためか、雨が降り始めると傷はさらに痛んだ。そうして雨は別の痛みも呼び覚ました。タミエはその様々な幻のうちに、明日起こる事柄やとうに死んだ者達の姿をも映し出せるようになっていたのだ。残った右目に映るのではない。失われた左目に映るのだ。西川の劇場が火事になることを予告し、隣の県議の家の三年前に死んだご隠居が、庭の松の木の下に隠し金の壷を埋めていることを言い当てた時、地元の新聞にも取り上げられ、かなりの評判になった。「岡山市内に霊感女性現る」と…。隻眼の女霊媒師・タミエのもとを訪れる怪しい依頼客たち。彼岸と此岸の間を体感する日本怪奇小説の白眉。日本ホラー小説大賞+山本周五郎賞受賞の話題作『ぼっけえ、きょうてえ』に続く待望の最新刊。

出版社内容情報

左目を失って得た霊視能力を頼りに女霊媒師の看板を掲げたタミエ。精神に異常をきたした女、過去の過ちに苦しむ男と、今日もまた怪しい依頼客がタミエの元を訪れる。彼岸と此岸のあわいを濃密な文体で描く傑作小説。