アスキー新書
ロシア 苦悩する大国、多極化する世界

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 255p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784048708715
  • NDC分類 319.38
  • Cコード C1231

内容説明

「リセット」宣言後も悩みの多い米国との関係や、東日本大震災を契機に変わりつつある日本との関係、旧ソ連諸国やNATOとの距離感も難しいロシア外交。また、民族問題やテロなど、国内に抱える問題も多い。冷戦崩壊から多極化へと進む世界の中で、ロシアが抱える諸問題とそのアプローチを通じて、世界政治を読み解く。

目次

プロローグ 多極化する世界を、ロシアの視点から考察する
第1章 旧ソ連諸国に振り回されるロシア外交(「リセット」後も紆余曲折の米ロ関係;ロシアとイスラエルの軍事協力 背景と影響 ほか)
第2章 振り子のように揺れ動くNATOとの微妙な関係(NATOとロシアの和解?;NATOとロシアの関係改善の暗雲―「ウィキリークス」問題の余波)
第3章 つのる国民の不満、根深い憎悪の連鎖(天災か、人災か―ロシア森林火災と政治;モスクワ暴動―高まる民族主義の危険 ほか)
追補 東日本大震災におけるロシアの動きと今後の日ロ関係(すばやかった日本への支援;原発事故―日本に頼られたいロシアの本音 ほか)

著者等紹介

廣瀬陽子[ヒロセヨウコ]
東京生まれ。政策・メディア博士。慶應義塾大学総合政策学部准教授。2000~2001年に国連大学秋野フェローとしてアゼルバイジャンで在外研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。