メディアワークス文庫<br> C.S.T.〈2〉情報通信保安庁警備部

個数:
電子版価格 ¥637
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

メディアワークス文庫
C.S.T.〈2〉情報通信保安庁警備部

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月09日 19時09分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 301p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784048690515
  • NDC分類 913.6

内容説明

“神の記憶”とは!?スリル満点の捜査ドラマ。脳とコンピュータを接続するブレイン・マシン・インターフェイス、通称BMIが一般化している近未来。情報通信保安庁を激しく揺り動かした“AetΩ”事件からしばらくのち。警備部の御崎は、小さな事件を担当していた。一人の女子大生が、陰湿なネットストーカー被害を受けているという。犯人を追ううちに、未来を見通せると主張する謎の新興宗教団体に突き当たることになる―。第20回電撃小説大賞“メディアワークス文庫賞”受賞作の続編、ついに登場!

著者紹介

十三湊[トサミナト]
生まれは「名古屋の植民地」と言われた岐阜。『C.S.T.―情報通信保安庁警備部』にて第20回電撃小説大賞“メディアワークス文庫賞”を受賞して、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)