電撃文庫<br> 俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈3〉

個数:
電子版価格 ¥627
  • 電書あり

電撃文庫
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈3〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2023年12月07日 16時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 325p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784048677585
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

俺の妹・桐乃が、どうやら創作活動に目覚めたらしい。ところが、桐乃の書いた小説(ケータイ小説?)とやらは、同じく同人で小説を書いている黒猫にとって理解しがたいものらしく、案の定、口論になっちまった。その上、何を間違ったのか、桐乃が好き勝手書いたケータイ小説がネット上で話題を呼んで、出版社からオファーが来たっていうんだから、俺はただただ驚くしかない。というわけで、何事にも全力な桐乃が今回発動した“人生相談”によって、俺は、よりにもよって妹と、クリスマスの渋谷の街に繰り出す羽目になっちまった―!?って桐乃!さすがにその場所は兄妹で入っちゃマズイだろ。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

とら

98
続いて続いて三巻!いい勢いだ!読みやすいってのもあるけど、それに加えて先が気になるっていうのと(再読だけど)どこで止まれば良いか、読むのをやめるタイミングが掴めないってのもあるから、結局一気読みになるってのが一番である。だんだんツン要素が弱まってきたと思ったら……ラスト、またこうだよ。まああそこでさらに仲良くなって進展して……ってしないところが、やっぱり上手いというか。焦らし続ける、嫌な雰囲気をかもし続ける。お決まりごと、規則に縛られないその感じ、嫌いじゃない。また次も読み始めたら止まらないんだろうなあw2013/06/27

そのぼん

85
妹のケータイ小説が編集者に認められたことが端を発した大騒動でした。今回も兄ちゃん熱い・・・。そして妹と犬猿の仲のはずだった黒猫も良い味を出していました。2013/03/02

mitei

74
少しアニメで見てたけど、かなりニュアンスが違ってて違和感があった。2010/11/30

Yobata

54
桐乃にできたオタク仲間である黒猫は、桐乃と喧嘩してばかり。外から見れば喧嘩するほど仲良しって感じだが、当の本人からすれば理解し合えない仲らしい。現在桐乃はケータイ小説にハマっており、黒猫も同人誌の二次創作活動をしているので、そこでも大口論。そしてケータイ小説の取材ということでクリスマスにデート(?)に付き合わされ、なんとホテルにまで…。そして完成間近になんと盗作されてしまう。それに憤慨した京介が桐乃のために再び立ち上がる。1章が序章,2章が麻奈美,3章に問題発覚で4章で解決ってのが固定パターンなんだねw→2011/09/18

いりあ

35
"俺妹"の第3巻。出版業界でのお話。今回は女子中高生の間で流行っているケータイ小説を題材にしてます。ここまでの俺妹と違って、後半は生々しい内容になっています。京介と桐乃の取材デート(?)あたりまではいつも通りだったけど、編集者の視点とか盗作疑惑のあたりは、かなり力入ってるなと感じました。今回のMVPは黒猫です。妹大好きな京介も大概だが、会えば喧嘩ばかりの大っ嫌いな桐乃の為にあそこまで出来るとは、友達思いの黒猫の優しさに感動。黒猫の本音も聞けてますます好きになった。桐乃のまわりはお人好しだらけだな。2013/04/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/575780
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。