アスキー新書
イエスはなぜわがままなのか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 191p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784048671880
  • NDC分類 193.5
  • Cコード C1216

内容説明

実は新約聖書には、イエスの理不尽な行動や暴力、わがままといったエピソードが載っている。およそ聖人とは思えないようなエピソードが、イエスのすばらしさを伝えるための聖書に載っていてかまわないのか?哲学者にしてクリスチャンである著者がやさしく合理的に読み解く、私たちが知らなかった聖書の「真実」。

目次

第1章 イエス様、それは理不尽すぎませんか?―新約聖書には意外なエピソードがいっぱい(空腹のあまり、イチジクの木を呪って枯らす;豚を集団自殺させる;動物を鞭でたたき出し、市場をめちゃくちゃにする;「わたしは平和ではなく剣をもたらすために来た」;「おまえなんか生まれてこなければよかった」;理不尽なイエス像がもたらすもの)
第2章 言葉が招く、聖書への大いなる誤解―キリスト教に対する誤解の元は?(罪は悪ではない;教会は建物でも組織でもない;祈りは願いではない;真実は事実ではない)
第3章 「信じる」という感覚―信仰は非日常的な感覚?(信じるのはなぜか;信じたら何かいいことがあるのか;「復活」はなぜ重要なのか;世界にはなぜ残酷なことがあふれているのか;神とは何か)

著者等紹介

岡野昌雄[オカノマサオ]
1939年東京生まれ。国際基督教大学卒。京都大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。専門は西洋古代中世(ギリシア、ラテン)の哲学。1968年から国際基督教大学に勤務、現在同大学名誉教授。2003年4月、フェリス女学院の学院長に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。