ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 560p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784048120029
  • NDC分類 797.9
  • Cコード C0034

出版社内容情報

麻生巌、阿部大護、伊藤直也、海燕、川上量生、栗田穣崇、佐藤辰男、佐野将基、清水亮、平信一、谷川浩司、千野裕司、津田大介、藤井太洋、森栄樹、やねうらお、横澤大輔らリアルゲーマーが語る野望と挫折と愛と哲学

内容説明

廃ゲーマーたちは、いかにして自分たちの人生を切り拓いていったのか?プログラマー、将棋棋士、経営者、ジャーナリストらが語るゲームは133タイトル。ゲーム&ドワンゴ年表、コラムを追記。4Gamer.netの3年に亘る話題の連載を収録した超保存版。

目次

世の中で一番面白いゲームは「現実」
「事業を成功させるための方法論」について
「ひろゆき」みたいな人間が増えていくと、人類は滅亡する!
“コンテンツの定義”を見つけた!
あのとき君は、どうして「Player Kill」ばっかりしていたの?
今は“無駄なこと”が不足しているから、僕らは「ニコニコ超会議」をやったんです
オンラインゲームでのチームマネジメントは会社の経営と通じる
コミュニティサービスの本質ってどこにある?
会社経営はクソゲー過ぎる!
ゴミ拾いばかりしてたら「夢の島」が出来ちゃった!〔ほか〕

著者等紹介

川上量生[カワカミノブオ]
株式会社KADOKAWA・DWANGO代表取締役会長、株式会社ドワンゴ代表取締役会長、スタジオジブリプロデューサー見習い。1968年生まれ。京都大学工学部を卒業後、コンピュータの知識を生かしてソフトウエアの専門商社に入社。同社倒産後の97年、PC通信用の対戦ゲームを開発する会社としてドワンゴを設立。2000年に代表取締役会長に。携帯ゲームや着メロなどのサービスを次々とヒットさせるほか、06年には、子会社のニワンゴで「ニコニコ動画」を開始(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

morinokazedayori

40
★★★★ニコニコ動画やニコニコ超会議を手掛けるドワンゴの社長川上量生へのインタビュー。ゲーマーは実は頭がよいのでリアルで経営者を目指すべき、というところからスタートし、ゲーム好きな著名人(角川書店社長、棋士谷川浩司氏など)や、ドワンゴのニコニコ超会議スタッフなどを交え、話題は多岐に渡る。川上氏の豪快な人柄が面白く、ネット業界の熱さと勢いが伝わってきた。2016/09/12

オザマチ

16
ドワンゴの様々な裏話と、川上会長の独特な考え方を知ることができる一冊。対談形式なのでまったりと読める。2016/11/16

Tenouji

5
ボリューミーだったけど、面白かった。川上氏は、やっぱルール化に抵抗している人だったw。2017/05/27

はすのこ

4
川上とその仲間たちによる雑談集。2016/01/08

tkokon

3
【再読する】川上量生氏の問いの立て方とか、思考の粘りとか、常に考え続けている感じとか、「コンテンツとは」みたいな漠然としたテーマを自分の会社の方向に活かすことなど、すべてに「すごいなぁ」と。川上氏の「わかりやすい回答を徹底的に避ける」という姿勢は、すごく見習う必要あるなぁと。川上氏の言うとおり「わかりやすいものはマネされる」のだ。Googleの思想をこき下ろす感じも心地よい。かなり分厚い一冊だが、ものすごく考えさせる。絶対また読もう。(Kindle)2015/10/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9596845

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。