家つくりスキルで異世界を生き延びろ〈4〉

個数:
電子版価格
¥1,430
  • 電書あり

家つくりスキルで異世界を生き延びろ〈4〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月26日 21時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 400p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047369337
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

魔法都市ヴィヴリオテカでカロリンとカッシーという新たな仲間を得たクリスたち。心機一転旅を再開する一行だったが道中の街で違法な奴隷商と遭遇し、奴隷都市ナファルのことを聞かされる。ナファルは奴隷売買と闘技場での賭け試合が盛んな危険な街だという。しかしそのことを知ったクリスは急遽行き先をナファルへと変更する。彼女は子どもの頃、父が賭け試合に出て母を買ったのではないかという噂を耳にしたことがあったのだ。クリスは両親の過去を調べるべくナファルへと足を踏み入れるのだが――。努力家少女のDIY異世界奮闘ファンタジー、第4弾!

内容説明

魔法都市ヴィヴリオテカでカロリンとカッシーという新たな仲間を得たクリスたち。心機一転旅を再開する一行だったが道中の街で違法な奴隷商と遭遇し、奴隷都市ナファルのことを聞かされる。ナファルは奴隷売買と闘技場での賭け試合が盛んな危険な街だという。しかしそのことを知ったクリスは急遽行き先をナファルへと変更する。彼女は子どもの頃、父が賭け試合に出て母を買ったのではないかという噂を耳にしたことがあったのだ。クリスは両親の過去を調べるべくナファルへと足を踏み入れるのだが―。努力家少女のDIY異世界奮闘ファンタジー、第4弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kinta

3
世界の理とこの世界の情勢と、都市の中身とが少しづつわかってくる。とはいえ、クリスの中身から見た世界に終始されているので、世界の神如きものではないのが好印象。とはいえ、ニホン組の不穏な動きやら、仲間たちの過去やら、そしてクリスの両親の話やら…一歩一歩進んでいっている。んでもって、何気に家づくりスキルが一気にチート化してませんかねえ…この後無双スキルになっちゃうんじゃない?と思いつつ。次。2022/11/16

火烏

3
うーん。何でもありな謎スキルでになってきたし、なにげに 伏線がいくつも張られて…2022/03/30

リイエル

2
家つくりスキルもついに4巻!違法な奴隷商や両親のことを調べに奴隷都市ナファルへ。そこで新たな出会いと新しいおうちをつくることになるクリスの冒険譚です。そして、クリスの能力の秘密も明らかになって来た今巻。クリスのスキルにとっての家の定義、どんどん大きくなってきていますね。なかなか明かされないエイフの秘密とかも気になってきました。どう転ぶのか楽しみです!2022/02/05

1
kindle2022/05/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19142960
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。