リアデイルの大地にて〈7〉

個数:
電子版価格
¥1,320
  • 電書あり

リアデイルの大地にて〈7〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 320p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047367029
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

ケーナとオプスはそれぞれの従者達と辺境の村で安らかなひとときを楽しんでいた。ある時、ケーナは【対の瞳】という片方の眼球に見せた光景をもう一つの眼球の所持者に見せるアイテムをパワーアップさせ、より多くの村人たちに遠くの風景と音を届けようと思い立つ。
そのための専用オプションを探すため、オプス、サイレンと共にかつての仲間たちが遺した"守護者の塔"を巡っていくのだが――。

200年後から始まるエルフの伝説、第7弾!!

内容説明

ケーナとオプスはそれぞれの従者達と辺境の村で安らかなひとときを楽しんでいた。ある時、ケーナは“対の瞳”という片方の眼球に見せた光景をもう片方の眼球の所持者に見せるアイテムをパワーアップさせ、より多くの村人たちに遠くの風景と音を届けようと思い立つ。そのための専用オプションを探すため、オプス、サイレンと共にかつての仲間たちが遺した“守護者の塔”を巡っていくのだが―。200年後から始まるエルフの伝説、第7弾!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ささきち

9
あまりにも話が進まないからこの巻はなんで出たんやろ?となっております。オプスがケーナに隠れて何かしようとしているけど何をしたいのかわからんし、とうとう出会ったサハラシェードとも会ってお茶してさよなら〜だったし最後の戦いもシャイニングセイバーに武器を渡す為にやっただけでは?疑惑が拭えなかったんよ。ちゃんとしたイベントにできそうな話だったのにほぼスルーされるとえ?ってなるんよ。Web読んで無いからわからんが、次からは最終章に入るらしいので今回は最終章の為の準備回だったんかな?ケーナに他国との繋がりを作り 2021/09/21

ブラフ

6
【図書館】2022/01/10

雪見だいふく

5
最新刊の発売を知り、自宅の本棚を確認すると……購入しておらず……まとめて購読することに。 このシリーズ、なろう版お読みの方はご存知の通り、元々の話数ではここまでの巻数にはならなかった作品。 個人的には、単行本化で描き下ろし大増量というのは大変うれしいことなのですが。 作者様も後書きで触れてますが、今巻もほぼ描き下ろしとのこと。 巻頭にはこれまでのあらすじが載っていて、ざっくりではありますが振り返れます。2022/02/13

Abercrombie

5
相変わらず迷走するストーリー。ヒロインに明確なやるべきことがないからねえ。代わりに悪友オプスが暗躍するが、こいつがヒロインに輪を掛けて魅力のないキャラクターときてる。現実世界では女だったというのに、この性格にこの口調。違和感ありまくりだ。2021/11/27

niz001

3
何かウロウロしてから、グダグダの闘技祭。済崩し的にサハラシェードとやっと会う。ルカはいつまで片言なんやろ?2021/12/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18330172
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。