ファミ通文庫<br> コミュ難の俺が、交渉スキルに全振りして転生した結果〈3〉

個数:
電子版価格 ¥693
  • 電書あり

ファミ通文庫
コミュ難の俺が、交渉スキルに全振りして転生した結果〈3〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月24日 08時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 318p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784047344501
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

女神に再会するため聖なる神殿イシュアへ――!!秘薬エリクシールでレミリアとソニアの命を救ったヒロトは、冒険者ギルドでクエスト『荷馬車の護衛』を仲間と一緒に受けることに。クエストの最中、山賊に襲われている別の馬車を助け出したヒロト一行だが、その中にいたのはジェネガン国の第三王女ルシエだった! 彼女がグールド公爵に命を狙われている事を聞いたヒロトは、仲間と離れ一人、彼女をイシュア神殿まで護衛することに――。超過激で鬼畜な異世界ファンタジー第三弾、登場!!

朱月十話[アカツキトウワ]

夜ノみつき[ヤノミツキ]

内容説明

秘薬エリクシールでレミリアとソニアの命を救ったヒロトは、冒険者ギルドでクエスト『荷馬車の護衛』を仲間と一緒に受けることに。クエストの最中、山賊に襲われている別の馬車を助け出したヒロト一行だが、その中にいたのはジェネガン国の第三王女ルシエだった!彼女がグールド公爵に命を狙われている事を聞いたヒロトは、仲間と離れ一人、彼女をイシュア神殿まで護衛することに―。超過激で鬼畜な異世界ファンタジー第三弾、登場!!

著者等紹介

朱月十話[アカツキトウワ]
「小説家になろう」で連載していた『コミュ難の俺が、交渉スキルに全振りして転生した結果』が編集者の目に留まり書籍化(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ユウ

2
交渉スキルに全振りした主人公の話。今回は新たにゲーム時代の仲間が加わる。女神が言っていた『言葉を交わすということはね、常に恐れと隣り合わせの行為でもあるのよ。』には、驚きました。続きが気になりました。2017/02/28

コウ

1
また授乳だけのストーリーになるかと思いきや、最後に絶体絶命のバトル展開。同じ転生者であるミコトさんと出会ったり、女神と再会したり、そんな3巻でしたね。2017/08/24

那須了

1
いつもの冒険仲間よりも新キャラ中心のストーリー展開。フィリアネスさんの挿絵もっとください。俺TSUEEEの楽勝モードかと思ったら今巻のラストバトルはなかなかの緊迫感でした。エピローグ、あんなふうになってしまったら次巻以降、授乳はどうなるんだろう?どう考えても犯罪度UPしちゃう。2017/03/13

さっきだったとら

0
グラスに乳を搾って飲んだり仰向けで下からおっぱいに吸い付いたり授乳がパワーアップ。さすがおっぱいの楽しみ方をよく分かってるね。素晴らしい。公女もいいおっぱいに育ちそうだし、侍女の房中術にも期待で胸が膨らむ。くノ一も加入し途中まで楽勝ムードだったけどボス級の敵が登場しピンチに。これはもっといっぱいおっぱい吸って強くならないといかんね。とりあえずくノ一さんに授乳してもらうのはどうだろう。番外編もナイス授乳。凶悪な授乳ループからのマナ切れコンボを受けた気の毒な暗黒騎士さんは、授乳に使えそうなので許してあげて。2017/02/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11290585

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。