ファミ通文庫<br> 千年戦争アイギス―白の帝国編

個数:

ファミ通文庫
千年戦争アイギス―白の帝国編

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年01月27日 17時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 254p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784047343467
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

最強の男、皇帝になる!最強と謳われた男、皇帝に即位。「俺は世界も魔界も支配する!」武力による統治を掲げた帝国は、軋轢を孕みつつも、戦において常勝無敗だ。大望へと突き進む彼だったが、赤竜より強靭といわれる炎竜を討伐することに――。「久々に本気が出せそうだな。炎竜、俺を退屈させるなよ?」女神アダマスの剣が光り輝く! 『千年戦争アイギス』におけるライバル《白の帝国》を描く公式小説、新シリーズ開幕!

むらさき ゆきや[ムラサキ ユキヤ]
むらさきゆきや
第1回GA文庫大賞奨励賞を受賞、「ゆうれいなんか見えない!」でデビュー。そのほか「覇剣の皇姫アルティーナ」(ファミ通文庫)、「銀弾の銃剣姫」(MF文庫J)など著作多数

七原冬雪[ナナハラフユキ]
新進気鋭のイラストレーター。代表作に『二周目英雄の荒稼ぎ興国記』(HJ文庫)、『天命の書板』(一迅社文庫)などがある。

内容説明

最強と謳われた男、皇帝に即位。「俺は世界も魔界も支配する!」武力による統治を掲げた帝国は、軋轢を孕みつつも、戦において常勝無敗だ。大望へと突き進む彼だったが、赤竜より強靱といわれる炎竜を討伐することに。「久々に本気が出せそうだな。炎竜、俺を退屈させるなよ?」女神アダマスの剣が光り輝く!『千年戦争アイギス』におけるライバル“白の帝国”を描く公式小説、新シリーズ開幕!炎の竜皇女シャルムのシリアルコード付き!!

著者等紹介

むらさきゆきや[ムラサキユキヤ]
作家。代表作は『覇剣の皇姫アルティーナ』(ファミ通文庫)、『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』(講談社ラノベ文庫)、『14歳とイラストレーター』(MF文庫J)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

真白優樹

5
最強と謳われた男が、仲間達と共に覇道を突き進む物語。―――常勝不敗の男は覇道を進む。ゲームのノベライズといった感じではあるが一つの物語としても面白く、原作をプレイしていない人でも楽しめる物語に仕上がっているのではないだろうか、この物語は。最強の男は皇帝になり、軋轢を抱えた国に四苦八苦しながらも敵となった者達を叩き潰す、そこに物語があるのである。炎竜と娘の恋物語、だが炎竜は狂い悲劇を巻き起こす。そんな炎竜を皇帝は圧倒的な力を以て互角に戦い叩き潰す。彼の覇道はこの先どこへ向かうのか。 次巻も楽しみである。2016/12/05

RINGOoisiiiiiii

3
皇帝の妹リィーリちゃんがくるときいて、4巻だけ買うのもなんか違うと思い購入!千年戦争アイギスの白の帝国がメインの小説。白の皇帝、皇帝になった経緯と古代火竜退治。ゲームやってるからかさくっと読めて楽しい!皇帝は強いし格好いいからやっぱりモテモテだなぁ。あまり見れない白の帝国のワチャワチャが見れて良い。ただ、読んだ後にゲームやると背徳感パネェなって。それはそれ、これはこれってわかってはいるけどね。白の帝国編成やりたくなる。2019/07/25

vava1355

2
弱い状態からだんだんと強く成長していく王子とは対照的に、最初から強く迷わない皇帝。タイアップ系の主人公はこれくらいの方がサクサク読めて、イイかもしれない。2016/11/30

文月あやと

1
これ読んでゲームR版やるとNTR感半端ないの。2016/12/10

416

1
千年戦争アイギス、白の帝国サイドということでしたが月下の花嫁よりは断然面白いと思います。内容としては皇帝の生い立ち、レオナをはじめとする帝国メンバーの紹介といった意味合いが強いですね。王子軍が王城奪還の時期ということで、次はイザベルイベントの裏になるのでしょうか。それとも別の出来事になるのかはわかりませんが、次の展開に期待ですね。2016/12/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11210920

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。