ファミ通文庫<br> 黒鋼(くろ)の魔紋修復士(ヒエラ・グラフィコス)〈1〉

個数:
電子版価格 ¥198
  • 電書あり

ファミ通文庫
黒鋼(くろ)の魔紋修復士(ヒエラ・グラフィコス)〈1〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 309p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784047279261
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

“神聖同盟”に12人しかいない、憧れの“神巫”に任命された少女ヴァレリア。しかしその美しい肌に刻まれた“魔紋”を委ねる紋章官は、よりにもよって男、かつ超性格の悪い少年ディミタールだった。純潔の肌を男にさらす乙女心と、各々の立場から対立してしまう二人だが、そんな彼らに初仕事となる任務が与えられる。それが“贖いの主”たる神、レドゥントラを巡る壮絶な争いへ続くとも知らず…。妖艶な“紋章魔法”が世界を彩るファンタジーアクション。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

52
神巫になったばかりの少女・ヴァレリアと、実力はあるものの性格に難のある紋章官ディミタール。肌に刻まれた魔紋を委ねる恥ずかしさや、プライドが高いのに自分の世間知らずを痛感させられるヴァレリアは、容赦無いディミタールの物言いに当然の如く反発するわけなんですが、そんな分かりやすい性格の彼女に現実を突きつけながらも囚われた彼女を救い出し、その思うところはよく理解していたようですね。反発することの多かった二人が、今後どう成長しその関係が変わっていくのか楽しみです。ガチャピンクの素顔もちょっと気になりました(苦笑) 2014/10/09

ナカショー

20
面白かった。神巫に選ばれた少女、ヴァレリアに、腕は確かだが性格が悪い紋章官のディミタールが選ばれて……という話。主人公もヒロインもそれぞれキャラが立っていて、凄く良かった。これからの展開に期待しつつ、次も楽しみ。2015/08/12

ミモザ

20
★6.5 あとがき見た瞬間これだッ!と思い購入(笑) 文章力も高く、話も綺麗にまとまってるし、面白かったし、安心して読める一冊。ガチャピンクには噴いた(笑)こういう感じのは、巻を重ねるごとにもっと好きになってく感じがする。2013/11/24

サキイカスルメ

19
ベッチーナ大好きなんですが、これは。神巫に選ばれたヴァレリアとその紋章官としてコンビを組むことになったディミタールのお話。ピンクの甲冑娘ベッチーナが、大変お気に入りです。全体的にシリアスというか、主人公二人の仲が悪くギスギスしているので緩衝材として素晴らしい存在だったかと。ここまで仲良くなる姿が予想もつかない主人公とヒロインは、新鮮でした。箱入りで感情が暴走しやすいヴァレリアに手を焼くのはわかるけれどディミタールよ、もうちょい優しくしてあげてと思ってしまいました。お話は面白かったので続きも読みます2015/11/09

仔羊

18
絶対的な魔力を持つ強気少女な神巫のヴァレリアと口が悪いが魔紋を修復兼護衛であるディミタール他が密使として地方の内紛に赴く物語。あっさりとしていて特にこれといった起伏が乏しく、完全に登場人物の顔見せ回でありましたね。なので一巻単体で見るとどうも…。箱入り娘の無知さと無茶さに甘んじることのないドライな主人公と上手くやっていくのが長期的な目で見て(少女小説みたく)期待できそうな感じではあると思います。物語に性格を追及した作者さんの性癖とは合いそうな感じ(笑)2013/10/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4694357

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。