角川選書<br> 戦争と諜報外交―杉原千畝たちの時代

個数:
電子版価格 ¥1,382
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川選書
戦争と諜報外交―杉原千畝たちの時代

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 190p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047035652
  • NDC分類 319.1

内容説明

太平洋戦争開始直前、頭脳で世界と渡り合い、日本を正しい方向へと導こうとした男たちがいた。命のビザだけではなく、日本を救い得る重要情報を命懸けで入手した杉原千畝。日米関係の悪化を防ぐラジオ放送を行った斎藤博。ムッソリーニと渡り合い、幻の東京五輪招致に奔走した杉村陽太郎。駐ドイツ大使でありながら、日独伊三国同盟に反対し続けた来栖三郎。外務省に眠る約4万冊のファイルから、先人の足跡を辿る。

目次

第1章 日米の架け橋を夢見た大使斎藤博(口八丁手八丁な若きアメリカ大使;アメリカを知り尽くした男 ほか)
第2章 巨星杉村陽太郎(外務省の名物男;連盟事務次長就任まで ほか)
第3章 悲劇の外交官来栖三郎(来栖三郎の汚名;世界を股にかけた外交官 ほか)
第4章 インテリジェンスの鬼才杉原千畝(ヒューマニストは過小評価?再検討すべき杉原千畝の功績;叩き上げの情報専門家 ほか)

著者紹介

白石仁章[シライシマサアキ]
1963年、東京都生まれ。上智大学大学院史学専攻博士課程修了。在学中の1989年より、外務省外交史料館に勤務し、現在に至る。その傍ら、東京国際大学および慶應義塾大学大学院などで教鞭を執った。専門は外交史とインテリジェンス・システム論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

太平洋戦争を回避せよ! 外交の真髄を追求した男達の無念

日本が大戦へと向かう中、自らの目で世界を見つめ、外交交渉の最前線で闘った男たちがいた――。

 ユダヤ人迫害の危機が迫る中、本国からの警告を無視して渡航許可証を発行した杉原千畝。日本が第二次大戦前へと向かう中、杉原だけでなく多くの日本人外交官が世界各地で戦争と戦っていた。  日中戦争初期、本国の訓令を待たずにラジオで平和的解決を訴えた斎藤博。国際連盟事務次長を務め、1940年の東京五輪誘致に尽力、日本の国際連盟脱退後もイタリア・フランス特命全権大使を務めた杉村陽太郎。吉田茂の援護射撃として日独伊三国同盟の締結を危惧する電報を送り続けた来栖三郎……。彼らはそのとき、一体何を見、何を行い、日本をどんな未来へ導こうとしたのか――。
 外務省外交史料館に眠る4万冊の資料を読み解き、先人の足跡をたどる。

【目次】
まえがき
第一章 日米の架け橋を夢見た大使 斎藤博
第二章 巨星 杉村陽太郎
第三章 悲劇の外交官 来栖三郎
第四章 インテリジェンスの鬼才 杉原千畝
あとがき
参考文献
年表

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件