角川選書<br> 壊れた仏像の声を聴く―文化財の保存と修復

個数:
電子版価格 ¥1,382
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川選書
壊れた仏像の声を聴く―文化財の保存と修復

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月03日 18時35分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 173p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784047035591
  • NDC分類 718.3

内容説明

「形あるものはかならず消滅する」。釈迦がそう説くにもかかわらず、私たちが数多くの古仏を拝観できるのは、文化財を脈々と伝える専門家の仕事があったからだ。自然環境や天災、ときに人の手によって仏像が壊れるとき、修復家は信仰と保存の間で何を選択し、仏の姿をよみがえらせてきたのか。解体による新発見や震災後の復興など、様々な仏像との出会いから解き明かす。

目次

第1章 仏像はなぜ壊れるのか―破壊と復興
第2章 仏像修復の現場
第3章 日本彫刻の古典技法―素材と工法からみる仏像入門
第4章 壊れた仏像は語る
終章 文化財保存修復の未来

著者紹介

籔内佐斗司[ヤブウチサトシ]
1953年、大阪生まれ。彫刻家、東京藝術大学大学院教授(文化財保存学)。東京藝術大学美術学部彫刻科卒業、同大学大学院美術研究科修了。同大学保存修復技術研究室にて仏像修復に携わったのち、2004年より現職。平城遷都1300年祭公式キャラクター「せんとくん」を発表したほか、NHKテレビ「趣味Do楽」の講師をつとめた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

形あるものはかならず消滅する。しかし日本に数多くの美しい仏像が残されているのは、修復の専門家が連綿と活躍し続けてきたからだ。仏像修復の第一人者が、修復現場でこそ出会えた仏の美と日本人の信仰を明かす。