角川選書<br> 仏教学者 中村元―求道のことばと思想

個数:
電子版価格 ¥1,555
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川選書
仏教学者 中村元―求道のことばと思想

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月08日 23時38分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 238p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047035430
  • NDC分類 289.1

内容説明

洋の東西を超える人類共通の智慧を求めた仏教学者、中村元。碩学がたどりついた仏教の核心とは?ヴェーダーンタ哲学の歴史を解明する6000枚の博士論文。『東洋人の思惟方法』の刊行と毀誉褒貶の嵐。念願の地・インドへの旅と原始仏教の独創的研究―。アカデミズムを超えて「人間ブッダ」の魅力を説き、多くの人に慕われた人柄と円熟期の思想、そして弛まざる学究の生涯をつらぬく“普遍思想史への夢”を鮮やかに描く。

目次

生い立ちと学問への目覚め
東京帝大入学から博士論文の完成まで
『東洋人の思惟方法』で世界へ
念願のインドの大地へ
原始仏教の研究に見る中村の独創性
『佛教語大辞典』と「中村元選集」の刊行
「比較思想」の提唱
東方研究会・東方学院にかける理想
中村元と足利学校
研究の集大成
中村元の遺志の継承
この夫人ありて、中村元あり

著者紹介

植木雅俊[ウエキマサトシ]
1951年、長崎県生まれ。仏教思想研究家。NHK文化センター講師、東京工業大学世界文明センター非常勤講師を歴任。九州大学大学院理学研究科修士課程修了、東洋大学大学院文学研究科博士後期課程中退。91年より東方学院において中村元氏のもとでインド思想・仏教思想、サンスクリット語を学ぶ。2002年、お茶の水女子大学で人文科学博士号取得。『梵漢和対照・現代語訳法華経』上下(岩波書店)で毎日出版文化賞、『梵漢和対照・現代語訳維摩経』(同)でパピルス賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件