角川選書<br> 子規の宇宙

電子版価格 ¥1,382
  • 電書あり

角川選書
子規の宇宙

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047034778
  • NDC分類 911.36

内容説明

わずか35年の生涯で、近代俳句の礎を築き上げた正岡子規の魅力あふれる「人と作品」を読み解き、写生を超越した表現法「即時」について平明に解説。目前に迫る死にどう対したか。「食」を通して切実なる生への思いを表現し続けた子規の俳句を見つめ直し、没後100年が経過した今だからこそみえはじめる「人間・正岡子規」の世界を、俳人・長谷川櫂が描き出す。正岡子規句集と略年譜も収録。

目次

序章 子規がいた―若き読者のために
第1章 子規という奇跡(子規という奇跡;ベースボールの歌;口述が生んだ文体 ほか)
第2章 二十一世紀の子規(拙の文学;即事ということ―子規の俳句;二十一世紀の子規―俳句革新とは何か)
第3章 子規の食卓(鮓;柿;蕪 ほか)

著者紹介

長谷川櫂[ハセガワカイ]
1954年、熊本県生まれ。俳句結社「古志」主宰、朝日俳壇選者、季語と歳時記の会代表。東京大学法学部卒業、読売新聞記者を経て俳句に専念。句集『虚空』(読売文学賞)、『俳句の宇宙』(サントリー学芸賞)などの著書がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)