• ポイントキャンペーン

角川選書
鉄道という文化

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 238p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047034525
  • NDC分類 686.2

内容説明

1830年、イギリスに鉄道が開通し、世界は大きく変貌していく。鉄道の誕生により人々の生活はどうかわったのか?社会はいかに変容したのか?人間と鉄道のかかわりを、文学作品、新聞記事、評論、写真、絵画、デザインなどのさまざまな文化的表現の中に探る。鉄道を文化として捉え、その歩みを日本との比較を軸にグローバルな視点でたどった意欲作。

目次

第1章 線路は続くよ、どこまでも(鉄道事始め;後ればせながら日本にも鉄道が敷けた ほか)
第2章 鉄道旅行の時代(鉄道旅行の誕生;旅行熱と鉄道旅行 ほか)
第3章 鉄道改良物語(鉄道快適化物語;鉄道高速化物語 ほか)
第4章 政治家と軍人は「饅頭より鉄道が恐い」(欧亜連絡ルート(シベリア鉄道・東清鉄道・満鉄)
有為転変の日本の鉄道 ほか)
第5章 鉄道は十分芸術的(鉄道を謳った音楽、鉄道を描いた絵画;鉄道はデザインの宝庫 ほか)

著者紹介

小島英俊[コジマヒデトシ]
1939年、東京生まれ。東京大学法学部卒業。三菱商事(株)・化学品部門で国内外勤務。その後食品関係の(株)セデベ・ジャポンを設立し代表取締役を勤めた。鉄道史、旅行史、近代史をライフワークにする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)