角川選書<br> 「情」の文化史―中国人のメンタリティー

電子版価格 ¥1,382
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川選書
「情」の文化史―中国人のメンタリティー

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 278p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047034303
  • NDC分類 361.42

内容説明

中国の「情」には、日本とは異なる多様な意味が含まれている。男女の情、人情、親子の情、兄弟の情、友の情など、人間関係の基本的な倫理は、いずれも微妙にニュアンスの異なる「情」ということばで表現されてきた。この人間関係の情愛をめぐる多様な「情」の観念は、古代から宋、明・清の時代まで、どのようにとらえられ表現されてきたかを、詩歌、小説、思想書を通じて文化史的に明らかにし、中国人のメンタリティーのありかを描く。

目次

第1章 「情」という観念
第2章 詩に詠まれた「情」
第3章 恋の情緒としての「情」
第4章 「人情」まんだら
第5章 友情の虚々実々
第6章 兄弟の情、親子の情

著者紹介

張競[チョウキョウ]
1953年、中国上海生まれ。明治大学教授。上海の華東師範大学を卒業、同大学助教を経て日本留学。東京大学大学院比較文学比較文化博士課程修了。國學院大學助教授、ハーバード大学客員研究員などを経て現職。専攻は比較文化論。主な著作に『恋の中国文明史』ちくま学芸文庫(第45回讀売文学賞)、『近代中国と「恋愛」の発見―西洋の衝撃と日中文学交流』岩波書店(1995年度サントリー学芸賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)