• ポイントキャンペーン

角川選書
明治の結婚 明治の離婚―家庭内ジェンダーの原点

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 251p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047033887
  • NDC分類 367.4

内容説明

明治の離婚率は現在より1.5倍も高い。庶民のなかでは、女も働き手として自活する力をもっていたため、男と同じ立場で離婚を選べたのだ。一方、上流階級では「家」を守るため、婚前契約を結ぶ結婚や、一方的な追い出し離婚が行われていた。当時の新聞や離婚裁判の記録から婚姻の実態を読み解きながら、「地域の慣習」から「明治民法」へと、生活規範の変更を余儀なくされた人々の姿を明らかにする。

目次

第1部 明治前期―混迷と解放の時代(明治初年の日本社会;さまざまな結婚の姿;明治初年の家族の大勢 ほか)
第2部 明治中期―離婚多発と退行の時代(統計が示すその現実;原因をどこに求めるか;華やかな国際結婚 ほか)
第3部 明治後期―抑圧と胎動の時代(「家」制度の法定と明治民法の施行;『金色夜叉』と『不如帰』の登場;修身教育と良妻賢母教育 ほか)

著者紹介

湯沢雍彦[ユザワヤスヒコ]
1930年、東京都生まれ。1954年、東京都立大学人文学部社会学科、1957年、同大学法学科卒業。専攻は家族問題の法社会学。東京家庭裁判所調査官、お茶の水女子大学教授、東洋英和女学院大学教授を歴任。お茶の水女子大学名誉教授。1981年、毎日出版文化賞、2005年、内閣総理大臣賞などを受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)