民事証拠法大系〈第2巻〉総論2

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 320p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784417013310
  • NDC分類 327.22
  • Cコード C3332

内容説明

判例・学説・実務の発展をたどりつつ、理論と実践の全面的検討を試みた体系書。本巻は、人証、書証、鑑定・検証等の各証拠方法に共通する論点についての解説を収めた。執筆者は、第一線の裁判官である。

目次

1 証拠共通
2 証明と疎明
3 厳格な証明と自由な証明
4 証拠能力と証拠価値
5 証拠の申出
6 証拠調べ手続
7 証拠方法の制限
8 証拠調べの実施
9 証拠調べの結果の記録化
10 外国における証拠調べと司法共助
11 証拠調べと費用の負担

著者紹介

門口正人[モングチマサヒト]
東京高等裁判所判事