角川選書<br> 闘う皇族―ある宮家の三代

個数:
  • ポイントキャンペーン

角川選書
闘う皇族―ある宮家の三代

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月08日 01時46分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 310p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047033801
  • NDC分類 288.44

内容説明

香淳皇后(昭和天皇皇后)の実家として知られる久邇宮家は、戦後、他の十の宮家と共に皇籍離脱し消滅した。明治以前は摂関家より下位とされながら、近代日本において特権階級の頂点に祭り上げられた「宮家」・「皇族」とは、果たしていかなる存在だったのか。資料を丹念に解きほぐしながら、久邇宮家の個性的な三代の当主に光をあて、その実態に迫る。

目次

貞明皇后の怒り
皇太子妃「内定」
騒動の始まり
杉浦重剛と日本中学校グループ
邦彦王の反撃
政治と怪文書
後日談
朝融王事件
朝彦親王と久邇宮家
邦彦王の時代
貞明皇后の言葉

著者紹介

浅見雅男[アサミマサオ]
1947(昭和22)年、東京生まれ。70年、慶応義塾大学経済学部卒業。出版社に入り、雑誌・書籍の編集にたずさわる。また、国際日本文化研究センター共同研究員、東京大学大学院情報学環教育部非常勤講師も務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)