• ポイントキャンペーン

角川選書
近世日本人は朝鮮をどうみていたか―「鎖国」のなかの「異人」たち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784047033306
  • NDC分類 210.5

内容説明

近世、一般民衆が「異国」とどのように触れ、「異人」をどのように感じていたのかを当時の民衆にとって最も身近であった朝鮮にスポットをあて、民衆の生活の場であった地域の視点から多面的に考察する。江戸時代の日本と朝鮮の交流をさまざまな角度から検証し、今後の地域と外国との関係のありようを探る。

目次

プロローグ 「唐人相撲」を読む
第1章 「高麗陣」の残したもの
第2章 都市のなかの「異人」たち
第3章 朝鮮通信使が通る
第4章 標流民の朝鮮体験
第5章 伝承のなかの朝鮮像
エピローグ 朝鮮像の転回

著者紹介

倉地克直[クラチカツナオ]
1949(昭和24)年愛知県に生まれる。京都大学大学院文学研究科国史学専攻博士課程修了。日本近世史専攻。岡山大学文学部歴史文化学科教授。近世の民衆意識を研究テーマに多面的角度から考察を試みている