角川選書<br> 魂のありか―中国古代の霊魂観

電子版価格 ¥1,296
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川選書
魂のありか―中国古代の霊魂観

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 294p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047033153
  • NDC分類 124

内容説明

古代中国の人々は「魂」の存在を信じていた。それは、風船の中の気体のように、いつでも肉体という入れ物から抜け出そうとし、抜け出すことは「死」を意味した。魂が抜け出すと、あとには他の魂(悪霊)が入り込もうとする。そこで人々は悪霊を追い払うためにさまざまな工夫をした。「魂」とは何か。中国、日本の書物、遺物などから多数の事例をあげ、イメージ豊かな古代人の視点で「魂」に迫る、魂の文化史。

目次

第1章 魂のありか(魂とは何か;魂の語源 ほか)
第2章 肉体をぬけだす魂(被髪;嬰児や子どもの髪型 ほか)
第3章 体内に入りこむ悪霊(侵入する鬼霊;疾病 ほか)
第4章 悪霊をはらう(悪霊をはらう声;張目吐舌 ほか)

出版社内容情報

古代中国の人々は魂は脳にあると考えた。魂とは何か? 肉体をぬけだす魂、体内に入り込む悪霊、悪霊をはらう方法等を、身近な多数の事例をあげながら文化的に考察。古代の文化で現代人の心を照らす「魂の文化史」。