FLOS COMIC<br> 破局予定の悪女のはずが、冷徹公爵様が別れてくれません! 〈1〉

個数:
電子版価格 ¥374
  • 電書あり

FLOS COMIC
破局予定の悪女のはずが、冷徹公爵様が別れてくれません! 〈1〉

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2024年03月05日 19時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 180p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784046817549
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0979

出版社内容情報

小説の世界の、しかも当て馬以下の端役──男好きで強欲悪女グレースに転生転生してしまった!
物語の通りに悪女として冷徹公爵ゼインを弄んで捨て、彼がヒロインと出会うきっかけを作らないと、戦争が起きてグレースは死ぬ運命。
バッドエンド回避のため悪女キャラに徹するグレースだけど、元の真面目な性格のせいで悪女になりきれず、逆に「絶対に別れてなんかあげないよ」と振るはずの公爵様から溺愛されてしまい…!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

花桃

5
面白かったです。悪女に転生しても中身は別人なのだから、性格が変わるのは致し方ないとして、でもそのことを知らない人たちはかなり驚くと思います。面白い設定ですよね!!もし私が物語の中に転生出来たら、どんな物語がいいかしら?なんて思い浮かべてはニマニマしています(笑)2023/09/04

かなっち

5
小説の世界の、しかも当て馬以下の端役に転生したヒロインの物語です。それは死ぬ運命が待っている、男好きで強欲悪女でした。よくある、バッドエンド回避のために奮闘するのですが。悪役キャラに徹するのに、元の真面目な性格のせいで悪女になりきれず、あろうことか振るはずの公爵様から気に入られてしまうのです。そんな彼女がただただ推しカップルの幸せを願って、メイドにまで頼み込んで芝居をするのが健気で可愛くて。かと思えば、変態専属護衛騎士とのやり取りが、楽しくてホッコリしました。加えてヒロインが、今までの極悪人ぶりとの→2023/07/17

くろねこ文学

5
これは楽しい悪役令嬢もの。悪役令嬢に転生した主人公が、何とか男好きの強欲悪女になろうとがんばるお話。ちゃんと悪役令嬢しないと自分の命が危ない。でも、良い人を封印するのに苦戦。メイドと打合せして苛める芝居をしたり、草食べたりと主人公の苦戦がすごくおもしろい。ちょっとコメディ入ってます。あと、イケメン護衛騎士エヴァンとのやりとりがすごく笑える。個人的にエヴァンのキャラ超好きだわ。紅茶を見習えってどういうことだよ(≧∀≦*) おっと、安心してください、ちゃんと胸キュン展開もありますから👍✨ 2023/05/03

レイン

0
kinoppyにて半額。異世界転生。 タイトルからネタバレしているが、勢いで読みすすめられる程度には面白かった。 ただ悪役令嬢になりきろうとしているとはとても思えないくらい主人公が迂闊で、今はそれが可愛らしく思えるがあまり長く続くと呆れて飽きそう。 あと原作者が原作者なのでそのうちヤンデレ展開になりそうで、それもそれで飽きそう。 なので続きはWeb原作読んでから要検討かな。2024/03/05

あじつけ

0
主人公の専属護衛騎士エヴァンがよいキャラ…第1話〜第6話、描き下ろし。2023/11/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20977626
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。