MF文庫J<br> 海鳥東月の『でたらめ』な事情〈3〉

個数:
電子版価格
¥748
  • 電書あり

MF文庫J
海鳥東月の『でたらめ』な事情〈3〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月23日 11時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 327p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784046817495
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

「ちょっと感慨に耽っていただけ……私の部屋も、随分賑やかになったな~って」
夏休み最初の日、海鳥の部屋で開催されたお好み焼きパーティー。しかしそれは、やはり奇妙奇天烈な事象の入り口に過ぎなかった。
焼きそばと白ごはんのおかげで、現状が相当ヤバいことに気づいた海鳥たちは、すぐさま対策を練り始める。それは具体的には、でたらめちゃんの動画配信と、夏祭りへの出店準備だった。
兵庫県、ご当地グルメ、里帰り、そうめんを啜るお嬢様、服をちゃんと脱がない筆記用具、海鳥と奈良のはじめての××……そして遂に現れる、『あの男』。
奇妙奇天烈青春ストーリー、いつの間にやら夏休みな、第三弾!

内容説明

「ちょっと感慨に耽っていただけ…私の部屋も、随分賑やかになったな~って」夏休み最初の日、海鳥の部屋で開催されたお好み焼きパーティー。しかしそれは、やはり奇妙奇天烈な事象の入り口に過ぎなかった。焼きそばと白ごはんのおかげで、現状が相当ヤバいことに気づいた海鳥たちは、すぐさま対策を練り始める。それは具体的には、でたらめちゃんの動物配信と、夏祭りへの出店準備だった。兵庫県、ご当地グルメ、里帰り、そうめんを啜るお嬢様、服をちゃんと脱がない筆記用具、海鳥と奈良のはじめての××…そして遂に現れる、『あの男』。奇妙奇天烈青春ストーリー、いつの間にやら夏休みな、第三弾!

著者等紹介

両生類かえる[リョウセイルイカエル]
1997年生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

真白優樹

12
夏休みとなり東月と芳乃が東月の母方の実家へ向かう中、姫路名物が加古川名物となる嘘が発生する今巻。―――歪で不器用、それは連綿と受け継がれていく血の繋がり。 嘘殺しの面白さを一旦置き、東月の家庭事情に触れると共に芳乃との絆に触れる巻であり、友達ではなく仲良しだからこその歪な絆で繋がる二人がぶつかり、普通じゃない方法で仲直りする、まさかのガルコメ要素まで入れていく巻である。関係が更に絡まる中、東月が出会ったのはあの男。果たして彼が起こそうとする祭りとはどんなものなのか。 次巻も勿論楽しみである。2022/09/27

碧海いお

10
3巻目になりますが、話の展開が全く読めないというのは相変わらずでした。表紙の通りに夏祭りですが、やっぱり複雑。奇妙過ぎて感想が書きにくい。2022/10/18

半熟タマゴ

10
行き過ぎたご当地グルメ愛が世界を狂わせる。今回の〈嘘憑き〉もぶっとんでた…。独特な世界観を貫きつつも、今巻では海鳥と奈良の関係にしっかりスポットを当てているところがかなり良かったですね。海鳥の生い立ちや家族のことが明かされる重要な回でもあったので、今後の展開がますます楽しみになりました。2022/10/12

まいなな

5
海鳥東月3巻でした! 今回もやっぱり超独特な空気感が伝わってきたね。今までの既刊2冊のほうが訳分からん感じ(褒め言葉)のアクは強かったけど、今回も似た感じ。 問題となる出来事はよく考えてみるとそんなに大した問題でもないような気がするのに、それをここまで飽きさせずに読ませるのはすごいな。俺はご当地グルメでここまで書けないし発想ができない笑 面白かった。 【まとめ】 ・超独特なこの作品ならではな空気感 ・いくつもの課題が表れそれが一つにまとまっていく。 ・今までよりだいぶ平和だったけど最後がやっぱり不穏だな。2022/11/12

ARI

3
やっぱりネタの引き出しが変な方向だよね、この作品。これまでもそうだけど、やってること自体は結構普通なのにそこに絡めるネタがこの作品の味なんだなと再認識。 なんでしょうね。 言うなら、同じメイン食材を使っても、味付けの調味料で大きく味わいが変わる感じ? この作品は普通に使うような塩や醤油じゃないものを使って味付けをしている感じ。 それがちゃんと美味しく仕上がってるから、読者として新鮮さと驚きを感じられる。 これが面白いです。今回も「何言ってんだ? こいつは?」と思いながら笑って読めました。2022/10/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20112948
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。