MF文庫J<br> 転生ごときで逃げられるとでも、兄さん?〈3〉

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり

MF文庫J
転生ごときで逃げられるとでも、兄さん?〈3〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月02日 07時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 323p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784046812957
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

最強の精霊術師、トゥーラ・クリーズの引退。それはラエス王国中に衝撃をもたらした。
王国の実権を握るべく貴族たちが暗躍する中、ジャックは王太子・エルヴィスと共に闇のブローカー『ビフロンス』との繋がりが疑われる女侯爵ラヴィニア・フィッツヘルベルトの調査を試みる。
しかし彼女の居館『臥人館』では想像を絶する光景が待ち受けており──!
王都に蠢く闇。『九段』の段位を持つ精霊術士たちの胎動。学院を舞台にしたサバイバル戦。
それでも、転生してから培ってきた力を手に勝ち抜いてやる。大切な存在と共に生きるために。
最強が集い、最恐が目覚める、「覚醒点」の第3巻。
――彼女の愛は、神の筋書きさえ殺す。

内容説明

最強の精霊術師、トゥーラ・クリーズの引退。それはラエス王国中に衝撃をもたらした。王国の実権を握るべく貴族たちが暗躍する中、ジャックは王太子・エルヴィスと共に闇のブローカー『ビフロンス』との繋がりが疑われる女侯爵ラヴィニア・フィッツヘルベルトの調査を試みる。しかし彼女の居館『臥人館』では想像を絶する光景が待ち受けており―!王都に蠢く闇。『九段』の段位を持つ精霊術士たちの胎動。学院を舞台にしたサバイバル戦。それでも、転生してから培ってきた力を手に勝ち抜いてやる。大切な存在と共に生きるために。最強が集い、最恐が目覚める、「覚醒点」の第3巻。―彼女の愛は、神の筋書きさえ殺す。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

真白優樹

14
霊王であるトゥーラが引退を表明する中、疑惑の女侯爵ラヴィニアの屋敷へエルヴィスと共に潜入する今巻。―――彼女が舞台へ上がる時、世界は地獄に墜とされる。 忘れてはいけない、「ヤツ」はいつでも傍にいると言う事を。そんな事実を示すかのように、用意された筋書きがすべてぶち壊され、地獄が幕を開ける今巻。既に始まりからして中々の絶望である中、これ以上どんな地獄が待っているのか。恐ろしい事に今巻はまだ始まりに過ぎぬ。だからこそ本番はこれから。きっと誰もが息絶える地獄が待っている筈である。 次巻も勿論楽しみである。2022/05/03

リク

14
容赦ないし、やりたい放題。困難を越えたら次の絶望、それを越えたらetc…。ここまで突き抜けるのは本当にすごいし、このくらいやってもおかしくないと読者に思わせるのもすごい。しかもまだちゃんと登場してないし。これ以上ってどうなってしまうんだ。絶望の底までとことん堕ちるところも見てみたいし、逆転劇が見たくもある。ジャックが進む道はどうなる?2022/04/27

げんごろう

10
ライバルとの共闘や最強を決める霊王戦の開幕という王道的展開に心踊らされるも…。 あぁ…そうだ…これはそういう作品だったなと…。 正直ネタバレなしだとこれからどうなってしまうの?という感想しか浮かばない。 次巻が楽しみでもあり怖くもあります。 2022/05/09

leo18

7
序盤の死に戻りダンジョン攻略はちょっとぬるく感じたが、全てをぶち壊す展開はこのシリーズならでは。ただ全体的に既視感ある展開で今一つ盛り上がり切らない気も。やりたい放題の先にある何か、絶望の先にある一捻りが見たい。2022/05/02

ささやか@ケチャップマン

6
不穏!2022/05/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19501391

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。