MF文庫J<br> ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編〈4〉

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

MF文庫J
ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編〈4〉

  • ウェブストアに231冊在庫がございます。(2021年11月27日 18時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 331p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784046801661
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

2週間のサバイバル試験も後半戦。1年生、2年生、3年生、月城理事長代理、様々な人の意志が常夏の無人島で交錯する。
「私は退学を恐れません。綾小路先輩を守るためであれば、何でもするつもりです」
「だから、あたしの許可なく勝手に潰されてないで下さいね」
「もしもの時はそうだな……力づくで乗り切ることにしよう」
「高円寺を封じ込める指揮は俺が取る」
「やれやれ、騒がしいねぇ。それじゃあ、少しだけペースを上げさせてもらおうかな」
「わ、私、どうしても綾小路くんに伝えなきゃいけないことがあって!」
全学年、全生徒、総力戦の無人島サバイバル試験、ついに決着!

内容説明

2週間のサバイバル試験も後半戦。1年生、2年生、3年生、月城理事長代理、様々な人の意志が常夏の無人島で交錯する。「私は退学を恐れません。綾小路先輩を守るためであれば、何でもするつもりです」「だから、あたしの許可なく勝手に潰されないで下さいね」「もしもの時はそうだな…力づくで乗り切ることにしよう」「高円寺を封じ込める指揮は俺が取る」「やれやれ、騒がしいねぇ。それじゃあ、少しだけペースを上げさせてもらおうかな」「わ、私、どうしても綾小路くんに伝えなきゃいけないことがあって…!」全学年、全生徒、総力戦の無人島サバイバル試験、ついに決着!

著者等紹介

衣笠彰梧[キヌガサショウゴ]
PCゲームの企画・シナリオを主に担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ツバサ

31
無人島試験下巻。清隆が単独行動を徹底していたので盛り上がりどころは少なかったかもしれない。ただ、龍園、堀北、伊吹の見せ場は熱かったですし坂柳も動いていて2年生の面目が保たれたかな。南雲は清隆の相手にもならなそうでスカッとしたが、今後がめんどくさそうです。月城との決着は物足りなさがありました。2021/02/25

ダイ

19
今回は無人島試験の後編でした。面白い場面も有りますが、ホワイトルームの刺客の事や試験、一年の襲撃などやる事も沢山で登場キャラも多いので色々と消化不良な部分もありましたね。特に突き落としの犯人や天沢の他にも出身者が居そうですが、そこは次回の4.5巻で判明して欲しいです。ただ、玉砕しそうですが一之瀬の告白や忠犬みたいになった七瀬、とても仲良しな感じの石崎などは良かったです。あと、今回は頭脳戦より殴りあいが多かったですが、月城との争いは一応決着みたいで安心しました。しかし、彼の挿絵は何故か面白くて笑えましたね。2021/02/27

かっぱ

17
登録先を間違えてたので再登録。無人島試験の後半を描いた二年生編シリーズ4弾。試験が終了したものの若干消化不良な一冊。ホワイトルーム生の正体であったり、清隆の見せ場も含めて、派手さは控えめに語られない謎も残ってしまったゆえの読後感かも。ただ相変わらず物語の面白さは嘘偽りなくて、龍園の存在感は読んでいてたまらなかった。また、一之瀬がこれまで保ってきた自身の優先順位を変えたことは今後の物語の鍵になるのかも。ひとまず4.5巻で捕捉される無人島試験の物語を今は早く読みたい気持ちだ2021/02/25

ぶなぶな

14
無人島での特別試験が決着する第4巻。とても面白かった。学年間での攻防で二年生達が共闘したりと熱い展開だった。坂柳も龍園も味方に回るとやはり心強いな。一年生は優秀止まりとホワイトルーム生とで分かれてきた感じがする。天沢はまだ意図が見えてこないし、宇都宮も怪しい。伊吹は清隆や堀北とのやりとりがなんか子犬が吠えてるみたいで微笑ましくなってしまった。ホワイトルーム生の脅威は健在だが、一先ず夏休みな次巻が楽しみである。触れられてない人物も多いだろうし、池の話とか、今回恋する乙女全開だった一之瀬のその後も気になる。2021/03/20

TERU

12
無人島サバイバル試験完結編。 色んな所でぶつかり合って息をつく間もなく終わってしまった。特に天沢VS堀北・伊吹、龍園・アルベルト、石崎VS宝泉が良かった。 堀北と伊吹が手を組み所はシンプルに熱い。龍園はもう滅茶苦茶、勝てば良い。 鬼龍院先輩がシンプルに良い人なのに驚き、高円寺は格が違った。 そして全員が最終的に拳でけりを着けるのには笑ってしまった。2021/06/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17369987

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。