MF文庫J<br> きゅうそ、ねこに恋をする

個数:
電子版価格 ¥682
  • 電書あり

MF文庫J
きゅうそ、ねこに恋をする

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月22日 01時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 257p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784046801630
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

桜宮雫さんは、学内一番人気の同級生。完璧で、美しく、そしてなぜか猫っぽい。一方の僕・根津紡は、チワワに吠えられただけでも逃げ出してしまうビビりな男子高校生。周囲からはチューくんって呼ばれてる。そんな相性の悪い桜宮さんと僕だったが、お互いの親友同士の恋を叶える作戦のため協力関係を結ぶことに。でもちょっと待って桜宮さん、なんで僕の匂いを嗅いでるの!?「あなたのことを押し倒しますが、よろしいですか?」って!?桜宮さんに振り回されるうちに、いつの間にか猫と鼠は少しずつ仲良くなっていって―捕食者に目を付けられながらも少しずつ心惹かれていく、天敵関係な二人のラブコメ、開幕!

著者等紹介

三月みどり[ミツキミドリ]
第14回MF文庫Jライトノベル新人賞にて佳作を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆなほし

23
ビビりな男子高生根津は学校一人気の桜宮と共に、親友の恋を応援するうちに仲良くなり…。猫×ねずみのかわいいラブコメ。クールでミステリアスな桜宮の猫っぽさと、ビビりな根津のねずみっぽさがほんわかしたイラストとマッチして、全体的にふわふわかわいらしい。親友の王生、姫野のキャラデザも好み。根津のなんだかんだ臆病なりに芯のしっかりした、そして親友の為に一生懸命になる様子には好感が持てる。帯の「捕食ラブコメ」とはまた新しいジャンルだが、それがぴったりな作品。2021/03/20

TERU

11
両思いだけど素直になれない親友の恋路を手助けするべく手を組んだその友達2人の物語。 何が良かったかって、主人公とヒロインがダントツで可愛い所。特に主人公が可愛いという珍しいラブコメ。いつもびびりでおどおどしているが、ここぞの時は勇気を見せるのが良かった。 それに負けず劣らず魅力的なヒロインのコンビは、ここ最近読んだラブコメの中でもトップクラスに好き。 優しい世界で読み味も軽いのでサクッと楽しく読める作品でした。2021/02/19

真白優樹

10
お互いの親友の恋を叶える為に手を結んだ猫っぽい少女と小動物系少年が、知らぬ間に惹かれ合っていく物語。―――利害を超えて一歩先、そこに恋が待っている。 いつも色々怖がってばかりだけど、それでも時には格好良く。 そんなヒロインも主役も張れる主人公が中々に魅力的であり、何処か優しく温かく恋が進む、思わず悶えてしまうかのような甘さに満ちた物語である。波乱を越えて結ばれた想いは新たな形へ。果たして、親友達の恋を見守る二人の想いはどうなるのか。そして、この恋は何処へ向かうのか。 次巻も早めに読みたいものである。2021/01/30

かっぱ

9
極度のビビりな少年が学年でも人気のある完璧な少女と結託をして互いの友人同士を恋人に仕立て上げる物語。友の恋を支え続ける二人がともに行動して惹かれ合う展開は好物だ。ただ、うーん。面白くないわけではないんだけど、ビビり症でありつつも肝心なところでは男になれる紡という設定は諸刃の剣なように感じる。親友の壁だらけの恋路を応援する、言わば最初から逆境に置かれているのにそこでは尻込みしてしまうのは二人の関係性も含めてちょっとモヤっとしてしまった印象だ2021/02/02

りのん

3
主人公の紡が気弱な小動物系で、読む前は正直あまり合わないかも?と思っていましたが、紡がアワアワしているところも含めヒロインの雫との掛け合いが面白くて、楽しく読み進められました。完璧すぎて近寄りがたく、感情を表に出すことがない雫ですが、小動物系でも勇気のある紡だからこそ、そんな雫と友達になれたんでしょうね。異性の友達が初めて出来たことに嬉しがる雫かわいい。次巻も楽しみにしています。2021/01/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17182552

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。