MF comic essay<br> 明日食べる米がない!―親が離婚したら、お金どころか、なーんにもなくなりました!!

個数:
電子版価格 ¥605
  • 電書あり

MF comic essay
明日食べる米がない!―親が離婚したら、お金どころか、なーんにもなくなりました!!

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月15日 21時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 160p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784046801371
  • NDC分類 368.2
  • Cコード C0095

出版社内容情報

両親の離婚で始まった、母とふたりの貧乏生活。
それでもしょげないで、夢を叶えるために歩んでいく。
当時現役女子高生だった著者が、誰にも話したことのない「生活が苦しい」という事実を真摯につづったコミックエッセイ。

内容説明

サヨナラ、ふつうの生活…父親の一言から両親は離婚。そして始まった、母との貧乏生活。幼かった著者は、食べるものにも事欠くような日常の中で、徐々に貧しさを理解していく。入学、卒業といった節目で必ず起きる困難や、母や友人たち、周囲との人間関係にも逃げずに明るく向き合ってきた過去を、真摯につづった衝撃のコミックエッセイ!

目次

1章 すべてはここから始まった―幼児期~小学生編(みづほ5歳にして、家を失う!;貧乏の始まり ほか)
2章 貧しさに磨きがかかって…―中学生編(予感的中!お昼ご飯がない!!;家賃滞納…家を追い出される恐怖再び! ほか)
3章 孤独と貧乏の共闘―高校生編(制服が買えない!?どうする入学式;憧れの高校デビュー!のはずが…!? ほか)
4章 不安だらけの第一歩―卒業後(フリーターしながら受験準備!?;目からウロコの美術館バイト ほか)

著者等紹介

やまぐちみづほ[ヤマグチミズホ]
第5回新コミックエッセイプチ大賞を当時高校生で受賞(受賞時は、「すばる」名義)。高校卒業後、大学進学を目指していたが、さまざまな人との出会いの中で就職することを選択し、現在は事務職で真面目にコツコツ働いて家計を支えている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みなのん

16
私も著者よりはだいぶマシだったけど貧乏だったので、わかりみだらけの一冊でした。著者にはぜひ幸せになってもらいたい!!2022/03/08

しのぶ

13
ネットで冒頭の試し読みがあり気になったので拝読。扶養対象の間はどうしようもない問題でもあるから小学生時代の給食が大事なのはすごくわかる。可愛らしい絵柄と冒頭からの能天気そうな語り口だけれど死活問題。このような家族が少しでも幸せに暮らせるように…。2022/05/25

えがお

6
ネットで試し読みして思わず購入。 ・5歳で両親離婚以降、家賃5万のアパート居住 ・生活費は母パート代5-7万と、養育費5万(相当滞りがち)▶当然生活困窮 ・学校に持参できる弁当ない日あり ・勿論 普段も食事に事欠く ・光熱費が払えずに電気やガスが止! ・家賃滞り危うく退居危機 ・小学校6年間制服買い替えられず、6年生では超ミニスカ… ・高校制服も、ブレザーは買えずベストで3年過ごす! ・教科書もしばらく購入出来ず(つづく) 2021/09/18

tori

6
現状の日本で鑑みると、貧困層と呼ばれるであろう方の生活を綴ったコミックエッセイです。 正直、作者の母親の生き様には憤りを感じます。娘がご飯とお金の心配をするほど生活が困難なのにヘラヘラして無神経。子どもを最低限守れる環境や性質、資質を持っているのか、親になる前によく考えて欲しいです。しかし、違った角度から見ると、こういう親は案外いるように思います。現代の問題点の一つです。2021/06/17

必殺!パート仕事人

3
電気が止められたり、子供が修学旅行に行けなかったりするほどだったら「生活保護受けられるのでは」と思うのだけれど、このお母さんだったら手続き無理だろうなぁ。読むのが辛い話でした。 2021/10/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17190639

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。