角川つばさ文庫<br> 鎌倉の姫将軍 北条政子

電子版価格
¥792
  • 電書あり

角川つばさ文庫
鎌倉の姫将軍 北条政子

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 208p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784046320896
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8293

出版社内容情報

私、北条政子。里の一族を守る武士の家の長女として、
家族みんなの世話や料理に、毎日おおいそがし!
男の子は出世をめざし、女の子はそれを支える時代
――けれど、"ある過去"を抱えた武士・源頼朝との出会いが、私の運命を変えたんだ。

「みんなが幸せに暮らせる新しい時代を、ふたりでつくりたい」

それなのに、父・時政が、別の人と結婚しろって言い出して……!?
それでも――私の人生、私が決めた道を進む!
頼朝を支えながら、やがて自ら国の先頭に立ち、
弟・北条義時と、600年以上つづく新しい時代を作ることに――。
日本中の心を一つにする<言葉>を残した、女性リーダーの物語!

【2022年大河ドラマで大注目!】
日本史上もっとも有名なふたり――北条政子&源頼朝。
この出会いときずなが歴史を変えた!!

内容説明

私、北条政子。里を守る武士の家の長女として、弟・義時たちの世話や料理に、毎日おおいそがし!男の子は出世をめざし、女の子はそれを支える時代―けれど、“ある過去”を抱えた武士・源頼朝との出会いが、私の運命を変えたんだ。「みんなが幸せに暮らせる新しい時代を、ふたりで作りたい」それなのに、父・時政が、別の人と結婚しろって言い出して…!?それでも―私の人生、私が決めた道を進む!頼朝を支えながら、やがて自ら国の先頭に立ち、日本の心を一つにする“言葉”を残した、女性リーダーの物語!小学中級から。

著者等紹介

こぐれ京[コグレキョウ]
神奈川県生まれ。作家・脚本家

朝日川日和[アサヒカワヒヨリ]
四国出身のイラストレーター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たまきら

33
2021年出版、娘にとっては男子ばかりが目立つ大河ドラマ版よりも、はねっかえりな田舎っ子政子ちゃんと、不遇の頼朝王子様のロマンスのみが紹介されているこちらの小説の方が、楽しめる内容だったみたいです。オカン的にはもう少しこの先も読みたかったのですが、これはこれでとても良い視点だと思います。それに、吾妻者にはやっぱり鎌倉時代は特別なものがあるのよね~。2023/02/06

健康な馬

0
北条政子のラノベ!?見つけた瞬間絶対面白いでしょ、と思って読み始めたらもう大爆笑(笑) 北条政子の視点で少女漫画の漫画的な表現が散りばめられてて、『鎌倉殿の13人』の政子とイメージが違いすぎてそのギャップが面白すぎる。でも、全然合ってないとは感じなくて、よくよく考えてみると、田舎出身低身分の女の子(北条政子)が、都会出身高身分の男の子(源頼朝)から求婚されるっていうシンデレラストーリーなんですよね。そう考えると、この少女漫画チックな表現があながち間違いじゃなくて、北条政子の物語として合ってる。

レモン

0
☆9.5 2022/02/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18758285
  • ご注意事項