角川つばさ文庫<br> 絶体絶命ゲーム〈5〉禁断“裏ゲーム”に潜入せよ!

個数:
電子版価格
¥748
  • 電書あり

角川つばさ文庫
絶体絶命ゲーム〈5〉禁断“裏ゲーム”に潜入せよ!

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月18日 10時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 240p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784046318558
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8293

出版社内容情報

前のゲームに勝ったおかげで、未奈と自由に会えるようになり、うれしい春馬。
残る心配は、ゆくえのわからない親友・秀介のこと…。
メイサから「秀介が絶体絶命ゲームよりもさらに危険な“裏ゲーム”に参加しているのを見た」と言われて…。
追いつめられた秀介は、ルールなしの禁断のゲームにハマってしまったのか!?
親友を救うため春馬はゲームの開催場所を推理して、戦慄のバトルロイヤルにのりこんでいく!

内容説明

前のゲームに勝ったおかげで、未奈と自由に会えるようになり、うれしい春馬。残る心配は、ゆくえのわからない親友・秀介のこと。メイサから「秀介が『絶体絶命ゲーム』よりもさらに危険な“裏ゲーム”に参加しているのを見た」と言われて…。追いつめられた秀介は、ルールなしの禁断のゲームにハマってしまったのか!?親友を救うため春馬はゲームの開催場所を示すナゾを解き戦慄のバトルロイヤルにのりこんでいく!小学上級から。

著者等紹介

藤ダリオ[フジダリオ]
札幌出身。映画やテレビアニメのシナリオライターを経て『出口なし』(角川ホラー文庫)で作家デビュー

さいね[サイネ]
VOCALOID曲などにイラストや動画を提供しているイラストレーター・動画師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

陸抗

19
未奈と自由に会えるようになった春馬だけど、親友の秀介とは音信不通のまま。メイサから秀介を裏ゲームで見かけたと聞き、三人で乗り込む。絶体絶命ゲームの裏?と首をかしげたら、こちらはギャンブルがメインだった。自身の命をかけてのスタンガンとか、ある意味いつもより質が悪かった。秀介が裏ゲームに居た理由は判明したけど、同じ立場に立った事の無い春馬には理解出来なかったらしい。いつか自分も、秀介と同じ立場になるかもとか考えた事もないよね。小学生だしね。参加者に親身になる程、春馬の弱点増えてない?2021/10/20

そら

8
絶対絶命ゲームから解放された筈が、親友を助けるために裏絶対がゲームに参加することになった主人公。謎をいくつか解いていくんだけれど、あっという間。すごいな、今時の小学生。やるね。2023/05/14

おひさま家族

2
小5次男読了。進研ゼミ電子図書。2021/03/23

kuntan

2
この本は、いつもの絶体絶命ゲームとは違って、「絶体絶命ゲーム・裏ゲーム」というのであり、ギャンブルのようなものになっている。(そんなにギャンブル要素はなかったと思うけど) そこへとある理由から参加することにする。その裏ゲームの会場は主人公の春馬が苦手なお化け屋敷。そんなところで、誰も死なせるなという条件を達成できるのか?というストーリーです。 特にラストは見所です。驚きの展開にびっくりしました。 お化けが出てくるということですが、ホラー小説ではないので、そんなに怖くはありません。 ぜひ読んでみてください。2019/12/30

たかけん

1
がんばれ2023/01/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13543290
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。