中経の文庫<br> 大人の常識 日本のしきたり・年中行事

個数:
電子版価格 ¥604
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

中経の文庫
大人の常識 日本のしきたり・年中行事

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月09日 16時43分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 204p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784046017475
  • NDC分類 386.1

内容説明

しきたり・年中行事の奥深さを知る。元日から大みそかまで、日本の四季は数々のしきたり・年中行事に彩られています。そのひとつひとつには由来があり、意外な真実もたくさんあります。111のしきたり・年中行事について紹介する本書は、読めば日本の伝統への理解が深まり、日々の暮らしが楽しくなる、知っておきたい知識が満載の「日本人の教養書」です。

目次

旧暦と新暦―明治初期まで、いまの一月ごろは一二月ごろだった
旧暦と日数―一ヵ月は二九日か三〇日だった
閏月―一年が一三ヵ月の年もあった
二十四節気―旧暦を補い、立春、夏至などを生んだ暦
一月一日―かつては全国民の誕生日
正月―一年の幸福をもたらす年神様を迎える行事
小正月―女性のためでもある二回目の正月
元日と元旦―元日は一月一日、元旦は一月一日の朝のこと
松の内―関東で一月七日までなのは、「明暦の大火」が原因
年始回り―一月二日から松の内で済ませる〔ほか〕

著者紹介

飯倉晴武[イイクラハルタケ]
昭和8年、東京都生まれ。東北大学大学院修士課程修了。宮内庁書陵部首席研究官・陵墓調査官として宮中にまつわる古文書の研究に努める。奥羽大学文学部教授、日本大学文理学部講師を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

除夜の鐘の最後は新年に打つ? しきたりと年中行事の由来と知識が満載!門松を飾る「松の内」が1月7日までになった理由とは? お酒を飲むだけではないお花見の本当の意味とは? 七夕は何を願うための行事? 由来と意外なうんちくで、しきたりと年中行事がよくわかる1冊。

飯倉 晴武[イイクラ ハルタケ]
昭和8年、東京生まれ。東北大学大学院修士課程修了。宮内庁書陵部首席研究官として長年、宮中にまつわる古文書の研究に努める。奥羽大学文学部教授、日本大学文理学部講師を歴任。2003年に刊行された『日本人のしきたり』は大ベストセラーとして話題になった。