プログラミングは最強のビジネススキルである

個数:
電子版価格 ¥1,944
  • 電書あり

プログラミングは最強のビジネススキルである

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお受けできません)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 240p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784046017369
  • NDC分類 007.64

内容説明

AI、IoT時代を生き抜くための教養としてのプログラミング。ニコニコ動画をつくったドワンゴ監修によるビジネスパーソン向け入門書。最小の時間と労力で、最大限の成果を出すための秘訣が満載!

目次

1 なぜプログラミングは最強のビジネススキルなのか?(プログラミングがわからないと仕事がなくなる時代;プログラミング的思考がビジネスを加速させる)
2 プログラミングとは何か(コンピュータとのコミュニケーション;日常にあふれる「プログラム」 ほか)
3 学ぶべきプログラミング言語(10大プログラミング言語;プログラミング言語が多数存在する理由 ほか)
4 プログラミングを体験してみるHTML/CSS/JavaScript(ビジネスパーソンのプログラミングとして最適な言語とは?;HTMLって何? ほか)
5 より深く学んでいくために(プログラミング学習にはアウトプットが大事;学習効率を高める自習の仕方 ほか)

著者紹介

松林弘治[マツバヤシコウジ]
1970年生まれ。大阪大学大学院基礎工学研究科博士後期課程中退。龍谷大学理工学部助手、レッドハットを経て、ヴァインカーブにてコンサルティング、カスタムシステムの開発・構築、オープンソースに関する研究開発、書籍・原稿の執筆などを行う。2014年からフリー。Vine Linuxの開発団体Project Vine副代表。ボランティアで写真アプリ「インスタグラム」の日本語化に貢献(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

プログラミング的思考ができないと仕事がなくなる時代が到来した!AI、IoT時代を生き抜くための教養、それがプログラミングだ!

株式会社ドワンゴ 代表取締役会長の川上量生氏による
「人間との付き合いと同じくらいにコンピューターとの付き合いをうまくやることが重要な時代」をはじめにに掲載。

なぜ、プログラミングが最強のビジネススキルなのか?
その答えと、具体的な学び方がこれ1冊でわかる。

ニコニコ動画をつくったドワンゴ監修によるビジネスパーソン向け入門書。
ドワンゴが提唱する、今後ビジネスパーソンが備えるべき“素養としてのプログラミング知識”をわかりやすく解説。

これからはじめる人にオススメの1冊!

本当に人間の仕事がなくなるのかどうかの答えを最初に知ることができるのも、きっとこれからプログラミングを学ぶあなただ――。

はじめに 人間との付き合いと同じくらいにコンピューターとの付き合いをうまくやることが重要な時代 株式会社ドワンゴ 代表取締役会長 川上量生
1章 なぜ、プログラミングは最強のビジネススキルなのか?
2章 プログラミングとは何か?
3章 学ぶべきプログラミング言語
4章 実際にプログラミングを体験してみる HTML/CSS/JavaScript
5章 効率的に学習をすすめる方法

松林 弘治[マツバヤシ コウジ]
1970年生まれ。大阪大学大学院基礎工学研究科博士後期課程中退。龍谷大学理工学部助手、レッドハットを経て、ヴァインカーブにてコンサルティング、カスタムシステムの開発・構築、オープンソースに関する研究開発、書籍・原稿の執筆などを行う。2014 年からフリー。Vine Linux の開発団体Project Vine 副代表。ボランティアで写真アプリ「インスタグラム」の日本語化に貢献。
著書に『子どもを億万長者にしたければプログラミングの基礎を教えなさい』(KADOKAWA)などがある。

株式会社 ドワンゴ[カブシキガイシャ ドワンゴ]
【ドワンゴ技術コミュニケーション室】
ドワンゴにおいて「エンジニアの生産性をあげる」というミッションを持った部署。
ドワンゴに所属するエンジニアがのびのびと、それぞれが持つスキルを発揮する環境を整えたり、将来ドワンゴに所属する可能性があるエンジニアに会社や事業の魅力を伝えたり、という業務に日夜取り組んでいる。最近はエンジニア以外にもコンピュテーショナル・シンキングを身につけてもらうための活動をしており、本書の監修もその一環である。