歌がうまくなる本―カラオケ初心者からプロ志向まで

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 160p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784391125955
  • NDC分類 767.1
  • Cコード C0076

出版社内容情報

声のメカニズム、声を出す身体づくりからボイストレーニングまで。この本でぐんぐん歌がうまくなる!

内容説明

超一流の先生3名が指導。2週間であなたの歌がぐんぐんうまくなる。

目次

ボイストレーニング編(発声とは;発声の第一歩は口を大きく開けること;腹式呼吸 ほか)
メディカル編(声の医学的メカニズム;声帯の構造;声帯のメカニズム ほか)
フィジカル編(一発で声を回復させる超裏技!;姿勢の矯正;肩凝り解消体操 ほか)

著者等紹介

亀渕友香[カメブチユカ]
東京声楽音楽専門学校オペラ科卒業。幅広い音楽活動を展開し、’93年、ゴスペルグループ「亀渕友香&The Voices of Japan(VOJA)」を結成、リーダーとして活動を開始。’98年、プロダクション、タートル・ミュージック・プラントを設立し、亀渕友香ヴォイス・ワーク・ショップを開校。同年、VOJA・コーラス・アカデミー学長に就任。これまでにSPEED、久保田利伸、Misia、大黒摩季をはじめ数多くのミュージシャンを指導している

福田宏之[フクダヒロユキ]
慶応義塾大学医学部卒業。医学博士。慶応大学耳鼻咽喉科学教室に入局後、米国エール大学喉頭科学研究室勤務。帰国後、国際医療福祉大学に勤務し、同校東京ボイスセンター所長に就任。日本耳鼻咽喉学会、日本音声言語学会、世界気管食道科学会など、国内外の多数の学会で役員を務める。主たる研究テーマに『喉頭の電気生理学・音声外科』などがあり、『カラオケポリープ』の発見、妙名者でもある

井関光男[イセキミツオ]
井関ボディバランス研究所、院長。1986年からカイロプラクティックの研究を開始し、独自のボディバランス理論を確立。NPO法人「日本カイロプラクティック機構」委員。USCAジャパン特別賛助会員。社団法人「石川県療術師会」正会員。現在、東京都墨田区両国、千葉県君津市、木更津市に「井関ボディバランス研究所」を開設。プロスポーツ選手などのケガのリハビリ、整体治療等で高い評価を得ている
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。