古事記・再発見。―神話に隠された神々の痕跡

個数:
電子版価格 ¥1,728
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

古事記・再発見。―神話に隠された神々の痕跡

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月11日 17時32分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784046016812
  • NDC分類 164.1

内容説明

なぜ、出雲神話は詳細に書かれたのか?なぜ、ヤマトタケルは悲劇の英雄なのか?古事記には「滅びゆく者を見守る」思いがある。その視点をもって古事記を読み直すと、語り継がれる敗者たちの記録が見えてくる。第一人者が解き明かす「新しい神話」の読み方。

目次

第1章 謎の太陽神
第2章 造化の神
第3章 産み、作る神
第4章 翡翠を司る神
第5章 出雲神話の神
第6章 ヤマト三輪山の神

著者紹介

三浦佑之[ミウラスケユキ]
1946年三重県生まれ。古代文学・伝承文学に新たな読解の可能性をさぐる。立正大学文学部教授、千葉大学名誉教授。著書に、『口語訳古事記』(第1回角川財団学芸賞受賞)『古事記を読みなおす』(第1回古代歴史文化みやざき賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

古事記ブームの火付け役が説き起こす、全国各地に残る神話の足あと「古事記」に登場する神々はどこからきて、どこへ行ったのか? なぜ「古事記」に描かれたのか? その正体は何者なのか?日本最古の歴史書に隠された謎に迫る。

三浦 佑之[ミウラ スケユキ]
1946年三重県生まれ。立正大学教授。2003年に刊行された『口語訳古事記』(文藝春秋社 角川財団学芸賞)がベストセラーになり古典の現代語訳のブームを引き起こす。著書に『古事記を旅する』『古事記講義』(文藝春秋社)、『日本古代文学入門』(玄冬舎)など多数。