脳が若くなる漢字ドリル―小学校で習った漢字で解ける

個数:
電子版価格 ¥1,296
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

脳が若くなる漢字ドリル―小学校で習った漢字で解ける

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月11日 19時32分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ A5判/ページ数 159p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784046016782
  • NDC分類 811.2

内容説明

10代の脳が手に入る!中学入試対策にも脳の活性化にも効果あり!

目次

第1章 漢字組み立てパズル
第2章 熟語完成パズル
第3章 同音異義語・同訓異字パズル
第4章 対義語・類義語パズル
第5章 小学漢字で解く漢字パズル

著者紹介

松永暢史[マツナガノブフミ]
1957年東京都中野区生まれ。V‐net(ブイネット)教育相談事務所主宰。個人学習指導者、教育環境設定コンサルタント、能力開発インストラクター、教育メソッド開発者、教育作家

梶原秀夫[カジワラヒデオ]
1949年神奈川県横浜市出身。慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、出版社入社、最初に手がけた単行本は吉行淳之介・遠藤周作などの共著で復刻版の『もうひとつの青春~作家の若き自画像』と、タレント本の嚆矢ともいえる『笑福亭鶴光のかやくごはん』。パズル(クイズ)本多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

小学校で習った漢字なのに、変換なら出来るのに……どうして解けない!最近、漢字が書けなくなっていませんか? 昔教わったはずなのに、思い出せない。本書で取り上げる漢字パズルは、中学受験でもよく出題されるもの。知識だけでなく発想力も高めて大人も子どもも能力を高めましょう。

松永 暢史[マツナガ ノブフミ]
1957年生まれ。慶應義塾大学文学部卒。教育環境コンサルタント。「受験のプロ」として音読法や作文法、サイコロ学習法などを開発し、執筆や講演などで活躍。教育や学習の悩みに応えるV-net主宰。著書に「男の子を伸ばす母親は、ここが違う!」「結婚できない男は12歳までにつくられる!」「ガミガミ言わずに子どもを勉強させる方法」「男の子は10歳になったら育て方を変えなさい」「男の子が14歳になったらこれだけは伝えなさい」など。

梶原 秀夫[カジワラヒデオ]