ニュースで伝えられないこの国の正体―大阪の挫折と日本の行方

個数:
電子版価格 ¥1,080
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ニュースで伝えられないこの国の正体―大阪の挫折と日本の行方

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月08日 07時10分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784046015044
  • NDC分類 304

内容説明

自民党から届いた衆院選出馬要請、大阪府・市統合住民投票で犯した橋下徹氏の失策、新国立競技場問題の真相…。著者しか知り得ないニュースの真相が明らかに!

目次

第1章 国会議員・国政の正体(自民党から出馬要請がありました;この人、政治家になるべき人じゃなかったのね ほか)
第2章 大阪の真実・東京の真実(大阪市は腐っています;大阪市という巨大な闇 ほか)
第3章 日本各地で噴出する事件(群馬大学病院の管理体制のひどさ;京都府警の刑事が訪ねてきました ほか)
第4章 テレビでは言えない話(法令より先に順守すべきこと;官から民、民から官 ほか)
第5章 尽きせぬメディアの欺瞞(憲法学者の二律背反;さすが毎日、やってくれます ほか)

著者紹介

辛坊治郎[シンボウジロウ]
1956年生まれ。早稲田大学法学部卒業後、讀賣テレビ放送に入社。プロデューサー・報道局解説委員長等を歴任し、現在は大阪綜合研究所代表。テレビ番組の司会・ニュース解説などで活躍する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

この国にはテレビで話せないことが多すぎる

自民党から届いた出馬要請、大阪府・市統合住民投票で犯した橋下徹氏の失策、新国立競技場建設問題の真相、テレビコメンテーター降板の背景……。著者しか知り得ないニュースの真相が明らかに!

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件