なぜ宗教家は日本でいちばん長寿なのか

個数:
電子版価格 ¥972
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

なぜ宗教家は日本でいちばん長寿なのか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月04日 11時12分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B40判/ページ数 219p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784046013446
  • NDC分類 160

内容説明

一休禅師(88歳)、親鸞(90歳)、天海僧上(108歳)…彼らはなぜ長命だったのか。その生活スタイルに学ぶところはあるのか?“戒律”にこめられた長寿の秘訣とは?宗教学の第一人者による異色の健康論。

目次

第1章 宗教家は長生き―職業によって差が出る平均寿命(八〇歳超の大台に乗った日本人の寿命;驚異的な戦後の寿命の延び ほか)
第2章 宗教家が長生きである根本的な理由とは(僧侶、神主、牧師と神父;本来の出家は結婚もしないし家庭ももたない ほか)
第3章 仏教以外の宗教家はどうなのか(神主は俗人という神道のあり方;神社で僧侶が経を唱えていた時代 ほか)
第4章 宗教家が長生きする理由(生活が規則正しい;お経を読み呼吸法を実践する ほか)
第5章 私たちが宗教家から学べること(世俗を超越した人の話にふれてみる;プチ修行を経験する人たち ほか)

著者紹介

島田裕巳[シマダヒロミ]
1953年東京生まれ。宗教学者、作家。84年東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。元日本女子大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

親鸞90歳、天海104歳、空海…1240歳!? 宗教と年齢の秘密とは

一休禅師(88歳)、親鸞(90歳)、天海僧上(104歳)……彼らはなぜ長命だったのか。その生活スタイルに学ぶところはあるのか? 宗教がいかに長命と密接に絡んでいるかを宗教学の第一人者が解き明かす。

【著者紹介】
HASH(0x3c6b4b8)