角川ビーンズ文庫<br> 瑠璃の風に花は流れる―黄金宮の王子

電子版価格 ¥506
  • 電書あり

角川ビーンズ文庫
瑠璃の風に花は流れる―黄金宮の王子

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 232p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784044471095
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

芦琉とはぐれ、深波に捕らわれてしまった緋奈。黒嶺への切り札として緋奈を利用しようとする雷音に紫洞の第一王子・禮河が反対、緋奈は賓客として王宮に迎えられた。緋奈に魅了された禮河とその弟・泰河に、深波から、そして許婚・芦琉からも緋奈を奪おうという思いが生まれ…?一方、緋奈救出を目論む芦琉は…!大人気エイジアン・ラブ・ファンタジー第四弾。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

絳楸蘭

5
意味あり気に登場してくる男性陣が多いんだけど、どれくらいの重要度なんだろう?2013/07/22

エンブレムT

2
「欲しいんだろ?あの王女が。奪っちまえよー!」新キャラもヒロインに熱烈アタック!!・・・ここまでご都合主義なストーリーでいいんかい?ちょっと心配になってしまいましたが、この巻の出た時点でコミック化もされたらしいので問題ないのかな?コミック化か・・・武人でタラシの方々が格好良く描かれてるのなら、ちょっと読んでみたい。2009/10/31

優羽美月

1
主人公に惚れる男性キャラの多いこと。そういう話だったのねといまさらながらに気づくが、まとめ借りしてるので次までは読もう。☆22008/11/21

misamisa

1
典型的な少女マンガ小説になってきましたね。みんなが主人公に落ちていく。。。最近この手のお話とても多いと思うけれども、どうやって終わらすのかなぁ。2010/06/08

カヤノ

1
おぉ…だんだん逆ハーらしく?なってきたのかな。だけども、紫洞の王子ズは影が薄いというか、いまいちキャラがたってない感じかも。2009/04/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/547434

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。