角川文庫<br> サマーウォーズ

個数:
電子版価格 ¥616
  • 電書あり

角川文庫
サマーウォーズ

  • ウェブストアに96冊在庫がございます。(2021年09月26日 20時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 328p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784044288228
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

小磯健二は、憧れの先輩・篠原夏希に、「4日間だけフィアンセの振りをして!」とアルバイトを頼まれ、長野県の田舎に同行することに。夏希の曾祖母を中心にご親戚に囲まれながらも、大役を果たそうと頑張る健二のもとに、謎の数列が届く。数学が得意な彼は、夢中で答えを導きだすが、翌朝世界は一変していた。世界の危機を救うため、健二と夏希、そして親戚一同が立ち上がる。熱くてやさしい夏の物語。映画「時をかける少女」の細田守監督・最新映画を完全ノベライズ。

著者等紹介

岩井恭平[イワイキョウヘイ]
1979年生まれ。某大学理工学部卒業。第6回角川学園小説大賞にて《優秀賞》を受賞し、『消閑の挑戦者パーフェクト・キング』(角川スニーカー文庫)でデビュー。その後「ムシウタ」シリーズがTVアニメ化、コミック化されるなど、ヒット作に。ライトノベルを代表する作家である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

遥かなる想い

165
本帯に「最優秀アニメーション作品賞」とあったので、思わず買って、読んだがさすがに軽い。題材もアバターとかOZとか今時の設定で それなりに軽く読める。夏希の曾祖母の人物造形がよい。OZの世界と現実世界との対比も 微妙。2010/10/09

マーム

161
この物語は、少年と少女の物語であるとともに、今や失われつつある陣内家のような大家族と、核家族化し、両親が共働きで普段あまり肉親と接する機会のない主人公健二との出会いの物語とも言えるでしょう。陣内家のような大家族の中に身を置くと、正直その人間関係には煩わしさを感じるだろうなと思いつつも、インターネット上の仮想世界OZが人々の生活のあらゆる部分に入り込み、世界を席捲している状況下で、生身の人と人とをつなぐネットワークのすばらしさ、自分ができることを一生懸命に行うことの大切さを感じさせる作品だと再評価しました。2010/11/08

皐月

125
数学しか取り柄がない高校生の健二は、憧れの先輩・夏希に、婚約者のふりをするバイトを依頼される。一緒に向かった先輩の実家は田舎の大家族で!?謎の数列が健二の元にメアドに届き、数学が得意な健二は、夢中で答えを導きだすが、これが世界を巻き込んだ事件に発展することに。「私を解いて」って文面があやしいだろう。夏希の花札のシーンは心にぐっときた。「こいこい」が連発する時はすっきりした。健二が鼻血を出しながらも暗号解読したりする場面はすごい。不器用な夏希と健二の2人を温かく見守る家族が良いな。 2018/08/27

優希

117
面白かったです。バーチャル世界でのバトルの疾走感がたまりません。ネットの世界に対して日本の古き良き風物詩とのコントラストが鮮やかでした。親戚が集まった優しい時間、世界が一変し、疾走感のあるバトル。一変した世界を救おうと健二と夏希、親戚一同が立ち上がるのが熱いです。家族の絆っていいですね。健二と夏希のほのかな恋愛も微笑ましいです。陣内家と健二の視点のみで描かれているので、映画を見ていなくても物語に入って行けました。映画も見たいと思います。2015/08/08

おかむー

111
うわ不覚、映画は見たのでストーリーは十分わかってたのにクライマックスではハナをすすりまくりでなかされてしまったよ。『絶品よくできました』。もともと映画の出来が十分よいのに加えて、状況や背景登場人物の心情がしっかり補足されているのでノベライズというよりも完全版といって過言ではないですね。状況からすれば世界規模の危機なのだけれど、あえて陣内家と主人公・健二のみからの視点で描かれている構成が秀逸。クライマックス「ナツキへ、ボクのアカウントを使ってください」のシーンは文章で読んでも鳥肌ものでしたよ。2015/06/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/570878

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。