角川ソフィア文庫<br> 紫式部日記 和泉式部日記

個数:
電子版価格
¥1,012
  • 電書あり

角川ソフィア文庫
紫式部日記 和泉式部日記

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月19日 02時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 304p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784044007690
  • NDC分類 915.35
  • Cコード C0195

出版社内容情報

平安時代の代表的な日記文学である『紫式部日記』『和泉式部日記』を、大正の歌人・詩人である与謝野晶子が華麗な文体で大胆に現代語訳した名作、初の文庫化! 平安貴族と女房たちの日々の暮らしや、宮廷の行事、人間関係と恋愛事情が描かれ、当時の風景が生き生きとよみがえる。二つの日記作品に加え、与謝野による論考「紫式部考」を併録。田村隆氏(古典文学研究)による「解説」で、与謝野訳の魅力と味わい方を紹介。

内容説明

遙か平安の頃にも、女性たちには情熱と揺るぎない自我があふれていた。恋の歓び、プライド、苦しみや悲しみ、生きる虚しさ。紫式部と和泉式部による古典日記文学の双璧を、千年後の大正モダンをたくましく生き抜いた歌人・与謝野晶子が大胆に語り直す名訳。繊細かつ絢爛華美な文章で、2人のまなざしと感性、平安の女心が鮮やかに蘇る。紫式部の人生を概観し、『源氏物語』執筆に至る素地を追う「紫式部考」も付録。

目次

紫式部考
紫式部系図
紫式部・和泉式部年譜
新訳紫式部日記
新訳和泉式部日記

著者等紹介

与謝野晶子[ヨサノアキコ]
1878年大阪府堺市生まれ。1901年、第一歌集『みだれ髪』を刊行。1904年には詩作品「君死にたまふことなかれ」を『明星』に発表した。小説、随筆、評論、童話、戯曲など、多岐にわたって活躍。幼少期より古典に親しみ、『源氏物語』を2度現代語訳したほか、『栄華物語』の現代語訳などの優れた訳業を遺した。1942年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

LUNE MER

17
与謝野晶子の文章で紫式部日記と和泉式部日記の両方が収録されているという何とも贅沢な一冊。逐語訳ではなく意訳されているとのことだが、とても読みやすい上に品位も感じられて、与謝野晶子の凄みに圧倒される気分。冒頭にある与謝野晶子による紫式部の論考は現代の研究者から見た場合にどのくらい受け入れられるものなのかは分からないが、素人目線で読む分には知的好奇心が刺激される内容。2024/02/08

Ryoko

2
面白かった。与謝野晶子の訳もわかりやすい。紫式部の日記では千年以上も昔の宮中での人々の様子が目に浮かぶよう。よろしくない女たちの化粧や立ち振る舞い、宮様の何気ない言葉が書かれていて時を超えてグッと身近に感じた。紫式部の日記は男性関係はほとんど出てこないが和泉式部の日記は恋愛のことしか出てこないという真逆さが印象的。読んでいて面白いのは和泉式部日記だがその時代の宮中での日常、文化を知ることができるのは紫式部日記。紫式部日記の方が「へぇ~」と言いながら興味津々で読めた。2023/08/18

石橋

0
大河ドラマに刺激を受けて読む。与謝野晶子の意訳ゆえに強く感じるのかもしれないが、なんで紫式部はそんなに悲観的で他者評価に過敏なんだろうか。身分も見かけも大したことないのに賢いというだけで取り立てられた引け目とか…?  ドラマ経由だと「道長(殿様)との秘めた逢瀬ゆえ??」なんて想像してしまう。2024/04/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21230304
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。