角川ソフィア文庫<br> ダンマパダ―ブッダ「真理の言葉」講義

個数:
電子版価格
¥1,100
  • 電書あり

角川ソフィア文庫
ダンマパダ―ブッダ「真理の言葉」講義

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月18日 08時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 304p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784044006648
  • NDC分類 183.19
  • Cコード C0115

出版社内容情報

「自分のすべきことを誠心誠意なすべきである。他者に振り回されてはならない。自分というものをよくよく知った上で、為すべきことを為せ」。仏教のバイブルとも言われる『ダンマパダ』。ブッダが在世時に話していたとされる短い金言を集めた、メッセージ性の強い経典である。世間って何? 仏教特有の倫理とは?  苦の連鎖を断ち切る方法とは?  テーマに沿った偈頌を抽出し、大胆にわかりやすく解説。ユーモアに溢れた仏教の入門書。

内容説明

「自分のすべきことを誠心誠意なすべきである。他者に振り回されてはならない。自分というものをよくよく知った上で、為すべきことを為せ」。仏教のバイブルと言われる『ダンマパダ』。ブッダが在世当時に話していたとされる短い金言を集めた、メッセージ性の強い経典である。世間って何?仏教特有の倫理とは?苦の連鎖を断ち切る方法とは?テーマに沿った偈頌を抽出し、大胆にわかりやすく解説。ユーモアに溢れた仏教の入門書。

目次

第1講 『ダンマパダ』への入り口
第2講 『ダンマパダ』で学ぶ仏教の基礎
第3講 『ダンマパダ』の語る世間
第4講 『ダンマパダ』が説く日常生活の倫理
第5講 『ダンマパダ』でわかる仏教の魅力
第6講 『ダンマパダ』に挑む!?宗教的実存

著者等紹介

釈徹宗[シャクテッシュウ]
相愛大学副学長・人文学部教授。宗教学者。浄土真宗本願寺派如来寺住職。NPO法人リライフ代表。宗教思想や宗教文化の領域において、比較研究や学際研究を行っている。論文「不干斎ハビアン論」で涙骨賞優秀賞(第5回)、著書『落語に花咲く仏教 宗教と芸能は共振する』で河合隼雄学芸賞(第5回)を受賞。また仏教伝道文化賞沼田奨励賞(第51回)を受賞している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ホシ

19
釈先生よる仏教概説書。『ダンマパダ』自体の解説書ではないですが、とても良い一冊。四諦とか八正道とかは見知ってはいましたが、すっかり忘れていたし、四無量心も実践できていない自身を反省しました。仏典の言葉を、その時は有り難いと思っても雑音溢れる日常生活にあくせくしている間に忘れてしまう私。情けないと思いつつも出家者でない限りはこういう形でしか仏法を聞いていけないのだとも思います。「求める心さえあれば目の見えるところ、耳の聞くところみなことごとく教えである。-華厳経-」雑音の中に仏の声を聞く人になりたいです。2022/11/06

西

13
「われらは、ここにあって死ぬはずのものであると覚悟しよう。このことわりを他の人は知っていない。しかし、知る人々があれば、争いはしずまる」。このことを決して忘れないように生きていきたい。自分が執着しているのではないか、それにどれだけの価値があるのか、間違っても、後で気付けるようになっていこう。釈さんの講義を実際に受けているようにすっと心に入ってくる良書。何回も読みなおしたい本。しかし、人の悩みは、時代がうつっても変わらないというか、古びないブッダの教えが凄いなと思う2021/12/21

百栗豆茶

4
ダンマパダ講義。とても理知的な本。私たちは自分という枠組みを通して物事を判断し、感情を生み出している。苦しみを生み出すのは「執着」であり、その「執着」を生み出すのは「はからい」である。「苦しみ」は結果であり、結果だけを何とかしようとしても無駄である。智慧とは「はからい」と「執着」を捨てること。何も足さない、何も引かない。自分を自分以上のものに見せる必要もなければ、自分以下に見せる必要もない。「今・ここ」にしか私は存在しない。現在ただ今の一瞬しか世界は存在しない、と説きます。良書だと思います。2023/02/06

amanon

4
ダンマパダという初期仏教の重要な経典を精読する内容かと思いきや、著者自身が言及している通り、かなり脱線が多い。話があちこちに飛ぶ傾向があるが、それはそれで楽しめたか。とにかく著者の軽妙洒脱な語り口が魅力。それと同時に、仏教の魅力も伝わってくるのはさすが。仏教信者ではない人に仏教の魅力を伝えることができる。それだけでもすごいことなのかも。そういうことができる背景にあるのは、著者の他の宗教に対する深い知識と理解、そして尊敬の念だと思う。ただ、経典を理解するには音読が必須なのだが、そこを怠ったのが、残念。2022/02/07

Ise Tsuyoshi

4
「ダンマパダ」を手がかりとした仏教講座の書籍版。ダンマパダ自体の引用は思ったほど多くはなかったが、経典の成り立ちや仏教と他の宗教との比較、日本の浄土仏教の特徴にも触れていて、初学者には分かりやすい。「縁起の法則は、たとえブッダが出現してもしなくても、厳然としてある」「仏教とは『信じていても、信じていなくても、共有可能な部分がある』宗教」(p.202〜203)「強固にもっている枠組みを点検していくプロセスを経ることによって仏道がはじまります」(p.217)2022/01/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18295794
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。