角川ソフィア文庫<br> 新「育児の原理」あたたかい心を育てる 幼児編

個数:
電子版価格 ¥1,012
  • 電書あり

角川ソフィア文庫
新「育児の原理」あたたかい心を育てる 幼児編

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年10月18日 05時39分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 293p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784044002664
  • NDC分類 379.9
  • Cコード C0177

内容説明

“自我の芽が生まれ、心の傷跡が残りやすい1歳半頃から2歳半頃の心の育児は最も大切です”人格形成に重要な1歳半頃から2歳、3歳、4歳と大きくなるに合わせ、その時々の心の発達と体の成長を具体的にやさしく解説。しかり方やほめ方、しつけなどどのように子どもに接したらよいか、親の心構えを学ぶことができる。最新の医学に基づいた情報も掲載した改訂版。仕事か育児か悩むお母さんへ、不安を払拭してくれる言葉も収録。

目次

第1章 幼児の心の発達と体の成長(一歳半頃から二歳半頃の心の育児は最も大切です;一歳半頃から芽ばえる大切な自我;二歳児には命令ではなく「あなたならできるよね」と ほか)
第2章 幼児のしつけ(幼児のしつけの基本は;お母さんが育児の主役;脳の報償系を刺激する ほか)
第3章 仕事か育児か悩むお母さんへ(育児は心の底からのほおずりをするだけでよいのです;忙しいお母さんこそ子どものまわりの人に気遣いを;年齢別育児のワンポイントアドバイス)

著者等紹介

内藤寿七郎[ナイトウジュシチロウ]
1906年、東京生まれ。東京帝国大学医学部卒業。東大小児科教室勤務後、愛育病院院長、愛育研究所所長に就任。68年、藍綬褒章を受章、77年、愛育病院名誉院長、84年、公益社団法人日本小児科医会初代会長。92年、シュバイツァー博愛賞受賞。国連環境計画特別顧問や日中育児研究会会長を歴任し、97年、日本小児科医会名誉会長を務める。2007年、101歳で天寿を全うする。“育児の神様”と日本の小児科医師から呼ばれ、小児科医療の第一人者として知られる

小林登[コバヤシノボル]
1927年、東京生まれ、東京大学医学部卒業、医学博士。東京大学名誉教授、国立小児病院名誉院長、アップリカ育児研究所最高顧問。国際小児科学会会長、臨時教育審議会委員など多くの政府委員、学会役員を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

一歳半頃からの、親としての心構えが身につく育児書。日本小児科医推薦図書”自我の芽が生まれ、心の傷跡が残りやすい1歳半頃から2歳半頃の心の育児は最も大切です”
本書で内藤先生は繰り返し語られています。
3歳、4歳と大きくなるにつれ、その時々の心の発達と体の成長を具体的にやさしく解説。しかり方やほめ方、しつけなど、保護者としてどのように子どもに接したらいいのか、その心構えを教えてくれる。
子どもの自我が芽生える一歳半。嫉妬心の生まれる二歳児。きょうだいが生まれたとき。いつのまにか過保護になってしまう親とは。子どもの評価をどのようにしたらよいのか。トイレのしつけやしつけ全般についてなど、赤ちゃんから幼児へ変化する中で、お母さんとして大切にしたいことがたっぷりと書かれています。
子育ての中で、該当する部分を拾い読みするだけですっと心が軽くなる。
優しい文体で書かれ、読みやすいレイアウトで文庫化。
時代にあわせ、仕事か育児か悩むお母さんへのメッセージも。

年齢別育児のワンポイントアドバイス付き。

本書は、ベビー用品の安心ブランドでもあり、育児・保育の研究機関であるアップリカ育児研究所が、育児の神様である内藤先生の数々の著作の中から、赤ちゃんとお母さんにとって本当に大切なことを編集した”育児のバイブル”です。

第一章 幼児の心の発達と体の成長
一歳半頃から二歳半頃の心の育児は最も大切です/一歳半頃から芽ばえる大切な自我/二歳児には命令ではなく「あなたならできるよね」と/二歳児の心の傷跡は/他の子とくらべて、人まえで我が子の心を傷つけない/上の子を優先させても悪い影響は出ない/過保護は禁物です/個人差が多い三歳児/困ったクセ/けんか/きょうだいげんか/無限の空想と発想を呼び起こす「おもちゃ」を/三歳からの「どうして?」/子どもの成長と情緒の安定/子どもが朝食を食べないとき/子どものかまいすぎはストレスに/心の危険信号に気づく/落ち着きや集中力のない子ども/お稽古ごと/進学塾へ行かせているお母さんへ/ひとつの能力だけで子どもを評価しない/性への関心/マザーコンプレックス
第二章 幼児のしつけ 
お母さんが育児の主役/きびしいしつけと、やさしいしつけ/子どもの嘘は/体罰は子どもの心にしこりを残します/三歳前後から子どもの目に訴えるしつけを/なんでもやってみたい三歳児/自立心の強い子どもを育てるためには/偏食のこと/子どもが人まえで騒ぐのは/古いおもちゃを使って物を大切にするしつけを/四歳前後からは言葉によるしつけを/しかり方/お母さんもテレビやスマホにけじめを/ひとりっ子
第三章 仕事か育児か悩むお母さんへ
育児は心の底からのほおずりするだけでよいのです

●目次の中から一部抜粋してご紹介しています。

内藤 寿七郎[ナイトウ ジュシチロウ]
1906年- 2007年。東京生まれ。1931年に東京帝国大学(現 東京大学)医学部を卒業。東大小児科教室勤務を経て、日本赤十字社中央病院小児科部長、愛育病院院長などを歴任。1992年、日本人として初めてシュバイツァー博愛賞を受賞。元日本小児科医会名誉会長、日本小児科医会の初代会長。赤ちゃんをみつめて60余年。「育児の神様」と呼ばれた。愛育病院名誉院長。著書多数。

小林 登[コバヤシ ノボル]
1927年生まれ。東京大学医学部名誉教授、国立小児病院名誉院長、医学博士。1984年11月 日本医師会最高優秀功労賞、85年10月 毎日出版文化賞、86年07月 国際小児科学会賞、2001年 勲二等瑞宝章、03年12月 武見記念賞など。著書多数。

アップリカ育児研究所[アップリカイクジケンキュウジョ]