角川文庫<br> 誤算

個数:
電子版価格 ¥638
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
誤算

  • 松下麻理緒
  • 価格 ¥704(本体¥640)
  • 角川書店(2007/10発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 12pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月21日 17時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 333p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784043866014
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

遺産を狙う男女の、欲望渦巻くノンストップ狂騒曲!前夫のために蓄えも職場も失った看護師川村奈緒は、資産家の老人鬼沢の世話をするため大邸宅に住み込むことに。遺産のことしか頭にない一族に憤りを覚える奈緒だったが、鬼沢との結婚話が持ちかけられ――

松下 麻理緒[マツシタ マリオ]
著・文・その他

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ナイスネイチャ

151
帯に惹かれて。十年前の作品らしいですが物凄く引き込まれる。資産家の遺産を巡っての骨肉争いという王道ミステリーですが、面白く読了。映像化してほしいぐらい、2時間ドラマなんかで。2018/05/20

machi☺︎︎゛

113
松本清張のけものみちのような始まり。資産家の鬼沢の住み込み看護師として働くことになった奈緒。鬼沢の莫大な財産を狙う者ばかりという環境の中でいつしか奈緒まで欲がでてくるようになる。そんな奈緒に訪れた遺産相続のチャンス。でも信じていいのか?罠ではないのか?誤算だった。2019/09/09

タイ子

93
遺産相続をめぐる…まるで、2時間ドラマのよう。いやいや、ホントにドラマ化されてた。後でキャストを見たら頷ける俳優陣で思わずニヤリ。クズ夫と別れた看護師免許を持つ奈緒の新しい仕事は莫大な資産家で成金老人の在宅介護。お約束どおり、お金目当てにやってくる娘、孫たち。外に作った息子。噂好きのお手伝い。これだけでもドラマになります。頑固な老人も奈緒の献身的な介護に好意を抱き始めプロポーズ。遺産の半分は奈緒のもの…と、なるはずが。疑心暗鬼渦巻く人間模様。誤算があるから人生面白いのかも。ユニット作家さんて後で知った。2021/08/22

りゅう☆

87
ヒモ夫と離婚後、無一文の奈緒は住み込み看護師に。鬼沢は我が儘老人で怒鳴る暴れるは当たり前だが真面目な奈緒は鬼沢と真正面から向き合う。金を無心する娘二人、頼りない息子夫婦、引きこもりの孫、愛人のチャラ息子恵太、噂好きの家政婦。鬼沢の莫大な財産を狙い彼の死を心待ちにしてる。そして鬼沢が奈緒を認め始めた頃、恵太は奈緒に鬼沢と結婚し財産を手に入れる計画を立てる。悪い方向に転ぶ予感しかしない。そして鬼沢の突然死。本当に病死?遺産分与は?途中まで何が誤算なのかハラハラしたけどラストへの駆け足展開にあっさりとした印象。2019/10/10

takaC

75
誰か一人にとっての「誤算」ということではなくて、「誤算」の連鎖ってことなんだろうか?そこのところがよく分からなかった。2019/04/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/76195

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。