角川文庫 角川ソフィア文庫<br> 落窪物語〈上〉 (新版)

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

角川文庫 角川ソフィア文庫
落窪物語〈上〉 (新版)

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ 文庫判/ページ数 471p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784043742011
  • NDC分類 913.35
  • Cコード C0193

内容説明

底本に忠実に読み解いた、新たな校訂本文による決定版。―実母の死後、主人公の姫君に、父中納言の屋敷で与えられた部屋は落ち窪んだ所であった。そこで「落窪の君」という屈辱的な名を与えられた姫君は、継母に虐待されていた。この姫君に愛情を抱くようになった少将道頼は、姫君を屋敷から脱出させる。しかし道頼には新たな縁談が持ち上がった。

目次

巻1(姫君の生い立ち;姫君の才芸―箏の琴と裁縫;姫君の侍女あこきのこと;あこきの夫帯刀のこと;左大将の息子少将、姫君のことを知る ほか)
巻2(少将と帯刀、姫君を連れ出す相談をする;姫君に、交野の少将から手紙が贈られる;継母、姫君に、笛の袋を縫わせる;姫君、少将の手紙に返事を書く;あこき、典薬助のことを知る ほか)

出版社内容情報

源氏物語に先立つ、笑いの要素の多い長編小説。継子いじめの話として有名。『源氏物語』に先立つ、笑いの要素が多い、継子いじめの長編物語。母の死後、継母にこき使われていた女君。その女君に深い愛情を抱くようになった少将道頼は、継母のもとから女君を救出し復讐を誓う――。

室城 秀之[ムロキ ヒデユキ]
著・文・その他

角川書店装丁室[カドカワショテンソウテイシツ]
著・文・その他