角川文庫<br> 鳥人計画

個数:
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
鳥人計画

  • 東野 圭吾【著】
  • 価格 ¥616(本体¥560)
  • 角川書店(2003/08発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 10pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月21日 16時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 388p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784043718016
  • Cコード C0193

出版社内容情報

拘留中の犯人が密告者を推理する、緻密極まる本格スポーツ・ミステリー!日本ジャンプ界期待のホープが殺された。ほどなく犯人は彼のコーチであることが判明。一体、彼がどうして? 一見単純に見えた殺人事件の背後に隠された、驚くべき「計画」 とは!?

東野 圭吾[ヒガシノ ケイゴ]
著・文・その他

角川書店装丁室[カドカワショテンソウテイシツ]
著・文・その他

内容説明

「鳥人」として名を馳せ、日本ジャンプ界を担うエース・楡井が毒殺された。捜査が難航する中、警察に届いた一通の手紙。それは楡井のコーチ・峰岸が犯人であることを告げる「密告状」だった。警察に逮捕された峰岸は、留置場の中で推理する。「計画は完璧だった。警察は完全に欺いたつもりだったのに。俺を密告したのは誰なんだ?」警察の捜査と峰岸の推理が進むうちに、恐るべき「計画」の存在が浮かび上がる…。精緻極まる伏線、二転三転する物語。犯人が「密告者=探偵」を推理する、東野ミステリの傑作。

著者等紹介

東野圭吾[ヒガシノケイゴ]
1958年、大阪生まれ。85年『放課後』で第三一回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。99年には『秘密』で第五二回日本推理作家協会賞を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

519
ノルディック・ジャンプの世界を舞台にしたミステリー。殺人事件を解き起こしていくのだが、犯人はかなり早い段階で明らかになる。したがって、ミステリーとしての妙味は、もっぱら動機と犯行の方法の解明ということになる。残念ながら、動機は弱すぎるように思うし、最後の真相もまた幾分無理があるだろう。ただ、そうした瑕瑾を補って余りあるのが、ジャンプの選手たちの心情を含めて、その全体像を科学的な観点からも詳細に描き出したことである。今まで何となく見ていたジャンプの見方までが変わりそうだ。東野圭吾の調査力と考察力に敬服!2017/01/26

ハイク

213
札幌でスキージァンプ競技が開かれていた。選手の楡井は久々の日本のホープであった。恋人の杉江夕子は彼が練習している競技場に会いに行った。丁度その時ジャンプ台で倒れ死んだ。警察の解剖結果ビタミン剤に猛毒が検出、同時に胃の中からも検出された。著者は犯人を早い段階で明らかにし手口も明らかにしている。同時に犯人と警察に犯人を記した密告の手紙が届いた。道警の佐久間刑事は犯人を追いつめて行くが動機等不明な部分が残されていた。筋書きが二転三転し面白い。著者はジャンプを良く知らない読者に、綿密に調べ分かり易く記述している。2015/11/27

Kircheis

201
★★★★☆ 読んだのはだいぶ前だけど、当時そんなに評判の良くなかった作品だった気がする。 確かにスキーのジャンプ競技というややマニアックなスポーツ界の話で用語など分かりにくい点があるのだが、それを補って天才『楡井明』の存在感で作品世界に引っ張り込まれた。 彼が殺される理由が余りにも悲しい… 冒頭で死んでしまって活躍の場がほとんどない楡井だが、その存在感は圧倒的!『魔球』の須田武志といい、『ガリレオ』の湯川先生といい、天才を描かせれば東野圭吾さんはうまい!2019/02/03

扉のこちら側

196
2018年226冊め。読み始めてスマホや携帯の描写が出ないことで違和感を覚え確認したところ、だいぶ古い作品であった。犯罪というのは被害者の人間性を無視するものであるが、では昨今ニュースを騒がせる教育や作中のようにスポーツにおける指導の在り方はどうなのだろうとまた考えさせられる。楡井の独特のキャラクター性が最後まで掴めなかったのが心残り。2018/06/27

kaizen@名古屋de朝活読書会

195
東野圭吾は,ほぼ同世代なので,固有名詞になじみが深いものが多い。 ジャンプのニッカネンといえば,忘れようにも忘れられないくらい何度も聞いた名前だ。 スキーの飛び競技といえば,ニッカネン。 自動車部品製造会社に勤務していただけあって, 運動競技用の機械による模擬試験について, すごいことを考えている。2013/04/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/577387

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。