角川文庫<br> ユージニア

個数:
電子版価格 ¥682
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
ユージニア

  • 恩田 陸【著】
  • 価格 ¥691(本体¥629)
  • 角川書店(2008/08発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 12pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月23日 19時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 420p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784043710027
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

日本推理作家協会賞長編賞受賞、著者渾身の代表作!あの夏、白い百日紅の記憶。死の使いは、静かに街を滅ぼした。旧家で起きた、大量毒殺事件。未解決となったあの事件、真相はいったいどこにあったのだろうか。数々の証言で浮かび上がる、犯人の像は――。

恩田 陸[オンダ リク]
著・文・その他

祖父江 慎[ソブエ シン]
著・文・その他

内容説明

「ねえ、あなたも最初に会った時に、犯人って分かるの?」こんな体験は初めてだが、俺は分かった。犯人はいま、俺の目の前にいる、この人物だ―。かつて街を悪夢で覆った、名家の大量毒殺事件。数十年を経て解き明かされてゆく、遺された者たちの思い。いったい誰がなぜ、無差別殺人を?見落とされた「真実」を証言する関係者たちは、果たして真実を語っているのか?日本推理作家協会賞受賞の傑作ミステリー。

著者等紹介

恩田陸[オンダリク]
1964年、宮城県生まれ。91年、第3回日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となり、『六番目の小夜子』でデビュー。2005年、『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞、第2回本屋大賞。06年、『ユージニア』で第59回日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門賞。07年、『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ehirano1

327
これまた凄いのに出会ってしまいました。第三者的記述が終始不穏な雰囲気を醸し出し、読者の数だけ「真実」があるのではないかと思いました。当方は、第一章と第二章で「ノンフィクション」「現実に起きた出来事」への記述が終始頭から離れず、誰が犯人というよりもむしろ「真実の持つ意味」に興味を惹かれました。2017/05/13

さてさて

323
インタビュー形式で「」括りになっていたり、なっていなかったり、第三人称的な書き方や記事のようなものや取材メモがいきなり出てきたり、それでいて時系列はバラバラ。何が本当で何が嘘なのか?この本は、推理小説として真実、結末を追うものなどではなく、茫洋とした独特な世界観の中に描かれる色んな人たちが同じ一つの事象をどう捉え、どう見ているか、その人の考え方、感じ方、そういった心の内を味わう作品なんだと思いました。そう、読者のこれまでの経験によって見える世界も変わり、読者の数だけ答えがある。なんとも興味深い作品でした。2021/03/02

パトラッシュ

305
映画『羅生門』のように同じ出来事を複数の登場人物の視点から描く作品と思っていると、最後は黒でも白でもないグレイゾーンのまま終わる。各章ごとに語り手も時系列も違って読みづらく、もつれた糸をほぐすのではなく、さらに複雑に絡まり合ってしまう。そこで作者は人間の見る目のなさをさらけ出し、読者に「こんな曖昧な証言で犯罪が解決された気になるなんて」と迫るようだ。しかも黒澤監督のように、わずかな救いさえ残さない。推理作家協会賞受賞作だが、従来のあらゆるミステリのパターンを否定する点にこそ作者の意思があったのではないか。2020/09/08

猫夢 vaicorinthians

196
視点が独特で最初は理解に苦戦しました。婦人警官が再出する辺りで一気に繋がる。 日本推理作家協会常受賞作。 一度読んで見て下さい。 2020/06/07

yoshida

164
旧家一門の祝宴を襲った毒殺事件。僅かに生き残ったのは盲目の娘と家政婦。事件に係わりを持った人々の独白で物語は進んでいく。毒殺して手に入れたかったもの。青い部屋で二人に起こったことは何か。灰色の結末であり、読み落としがないか各章を読み直す。確信を得ることは出来ないことは後書きからも分かる。白黒つけたい読者には合わないかも知れないが、私は食い入るように読んだ。忌まわしい日に笑顔でブランコに乗る姿。動いた跡の無い籐椅子。刑事の気付き。焼かれる古書店。様々な場面で息を飲む。繰返し読みたくなる魅力のある作品です。2020/03/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/579045

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。