角川文庫
源氏物語のもののあはれ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 259p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784043260034
  • NDC分類 913.36
  • Cコード C0195

内容説明

紫式部は数多くの言葉を、場面場面に応じて使い分けている。そのこまやかな、しかも的確な表現を読みとることが、『源氏物語』の原文を味わうときの楽しみの一つである。ところがわれわれの古来の読み方では、作者がその言葉に込めていた大事な意味を見逃してしまう意外な言葉がある。ここで取りあげる「モノ」という言葉はその一つである。何でもないと思われてきた「モノ」という言葉の深い意味を正確に理解することによって、『源氏物語』の真の姿が、新しく生き生きと見えてくる。

目次

1 「世間のきまり」というモノ(ものちかし・ものとほし;ものいひ ほか)
2 「儀式、行事」というモノ(ものみ;ものす ほか)
3 「運命、動かしがたい事実・成り行き」というモノ(ものこころぼそし;ものさびし ほか)
4 「存在」というモノ(奈良時代;平安時代)
5 「怨霊」というモノ

著者等紹介

大野晋[オオノススム]
1919年、東京深川生まれ。国語学者。文学博士。東京大学文学部国文学科卒。学習院大学名誉教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

『源氏物語』に用いられた「もの」とその複合語を、その場面と状況を徹底解明することで、紫式部が込めた真の意味を探り当てる。そこからは今まで気づかなかった作者の秘められた姿と、物語の真の姿が見えてくる。